• 渡邊 優

先日は先生との個人セッションの日でした。

いつにも増してセッションの内容は濃く、今回も全く盲点であった、承認というものに自分がどれほど囚われ(黒パターンとして)それを求めていたのかを痛感しました。黒パターンは他人からの承認を糧に生きていると言ってもいいと思います。

認められたい、大切にされたい、特別扱いされたい、愛されたい、自分は正しい、などなど「君が一番だよ。正しいよ」と、そのように言ってもらえることを期待して、あらゆる画策をし、求めていたのだと痛感したのです。


人よりもお金があること、綺麗でいること、学歴があること、いい会社に勤めていること、いい家に住んでいることなど、他者と比べ、他者からの良い評価(承認)をもらうために生きている。今まで私はそうではないと思っていましたが、足元をみたらまさにその世界にいたのです。全くの盲点。先生から「自分が信じていることを疑ってみるということ」ちゃんとノートに書き出して考えてみなさいと言われました。自分が信じてやってきたことを疑うというのはとても勇気がいることかもしれません。しかしそこに、本当に自分を自由にする新たな意味づけがあるのだと思います。そんなことを教わったセッションでした。


目が覚めた。今日から更新です。

最新記事

すべて表示

もう思い通りにしなくていい 何もかも

私はバツイチです。 離婚の原因は、性格の不一致、と言ってしまえばそれまでですが、やっぱり「思い通りじゃなきゃ嫌だ」「思い通りにしたい」の、お互いのパターンの応酬だったと思います。 男女の喧嘩のほとんどの原因がこの「思い通りじゃなきゃ嫌だ」「思い通りにしたい」のパターンが原因の気がします。思い通りに自分のことを分かって欲しいし、理解して欲しい。思い通りの旦那、彼氏、妻、彼女であって欲しい。でも、思い

自分で自分の機嫌をとる

みやぞんさんが、自分の機嫌は自分でとる。人にとってもらおうとしない。 そのようにロケ中に放ったと、ひろゆきの動画で聞きました。 以下はひろゆきの言っていたことですが。 「機嫌悪いのをお金を払って買い物をするとか、誰かに八つ当たりするとか、何か嫌なことがあってそれをぶつけて来るパートナーとか友達とか嫌じゃないですか。 自分の機嫌を自分で取れる方が人生楽だし、周りにも迷惑かけないからいいんじゃないでし

パターンとの関係

パターンに引っかかって、チッ、イラッ、(#`皿´) ムキーーーー!となって、そしていつものように語りかけのワークをして、それでも収まらない時は、意識的にパターンに時間を与えるという感覚で、一日時間を置いています。正確には、一晩寝ています。 この、時間を与えるというのが最近とても大事なことのように思うんです。 それは「怒りが収まるのには少し時間が必要だな。」と、パターンを理解して、一晩時間を与えます