• 渡邊 優

今、新たに作り始めている、「私」の世界。

パターンでの言動や思考を意識的にやめて「私」を意識すると、外の世界に囚われない力強い生命感を感じます。

これは劇的に何か進化したとかではなく、日常では相変わらずパターンは動くし、感情も生まれる。

そのパターンをしっかりと凝視して、その場で新たなものに選び替えていく。

そんな作業を淡々としています。


エックハルト・トールさんの本に、様々なレベルの人がいるこの世界は、非常に人間にとって学びやすい場だと書いてありました。そう思います。


私も以前は、嫌な事がない世界、ストレスも、不快感も、苛立ちも、自分に負荷のない世界が一番素晴らしいと思っていましたし、それを望み求めていました。

しかし求めれば求めるほど、自分以外の何者かになろうとして一切成功しなかったのです。

むしろストレスや、不快感や、苛立ちを多く抱える始末でした。


面倒臭い人間関係や、恐れや不安を抱かない黒パターンのない世界は、もうきっとつまらないと思います。それがあるから自身の成長を感じられるし、喜びや充実感を感じられるんだと思います。

最近の黒パターンを見ていると、黒パターンがあるからこそバネとなり、新たな世界を作ろ事ができるのだと思いました。


白と黒で一つ。ワンセット。

痛感する次第です。



最新記事

すべて表示

秋の味覚

やっと秋らしい気候になってきました。 朝夕は肌寒く、日中は暖かく、クーラーも暖房も入れずに夜はぐっすり眠れて、空気も澄んで気持ちいい秋のこの時期が私は一番好きです。 人によって春が好き、夏が好き、もしくは冬が好きって方もいますね。それぞれの好みがあって好きなところも違う。そんな話を聞いていると、何となくその人の個性が現れていていいな、と思います。 私にとってはこの秋ど本命の、江ノ島の秋イカのシーズ

覚悟を育てる

最近よくパターンが騒ぎそうな時に、覚悟を意識しています。 嫌われるかもしれない、怒られるかもしれない、責められるかもしれない、一人になってしまうかもしれない、そんなパターンが騒ぎそうになって、保身に走りそうになる時に、もう嫌われる、怒られる、責められるかもしれない覚悟を持とう、一人でも生きていける覚悟を持とうと、あらゆることに対して覚悟を持つ、ということを意識しています。白黒ワークでも覚悟をキーワ

決めつけからの解放

白パターンを選んだ時、その白の状態にある時、今までとは違う、目が覚めてきているような感覚があります。無意識に選んできた黒パターンの状態は、それはそれはごく普通に、今まで通りに、それほど自分に定着しているのがよくわかります。寧ろこちらの方が馴染んでいる。 しかし、新たな白パターンを選んで行くうちに、あれ?今までの黒の感覚は何だったんだ?こうだ!と決めつけていて、そこの黒パターンの世界にどっぷりとハマ