top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

肋骨の状態もだいぶ良くなり、久しぶりに海に入りました。

やっぱり、海は気持ちいいです。そして、ここのところ思考の領域からよくやっていた、もうその領域に留まるのはやめよう、というものを、海の中で実践していました。


誰よりもいい波を乗りたい、負けたくない、どちらの方が上手いか、など、他人との比較、競争、もうそこからは降りて、自分のことをやっていこう。


海の中であれば、自分の練習を。そして周りを気にしているパターンがあれば、それをコントロールする術を。そういったことを自分の中だけで行い、自分のためにやっていく。

それができたから、自分を肯定できるや、できなかったから、ダメでもない。ただただ、自分の在り方だけを見つめて、行動していく。


それは自分に時間を使い、自分に労力を割くということです。

それには内側からの胆力が必要になりますが、まるで体幹を使っているようでした。

バレエの成果が出ているのかもしれません。ひょんな所で繋がるものです。


一ヶ月ほど怪我で引きこもっていましたが、新たなる始動と銘打って、自分の在り方だけを見ていこうと思いました。



最新記事

すべて表示

楽しむということ

昨日は「自分でできる心のケア講座」にご参加下さりありがとうございました。 おひとり様のご参加でしたが、私としては一人でも二人でもご参加頂ければ全力でその方に必要なものをお渡ししていきたいと思っております。その意味ではお一人に集中してお話できたことは、人数ではない、また違った学びもありました。それは丁寧にお話をし、向き合い、そして楽しむということでした。 この講座も回を重ねるごとに自分が慣れてくるの

思い出した

思い出しました。私も散々自分を見るのが嫌だったのを・・・ 自分を見ることにまだ慣れていない頃、自分を見るのが嫌だったんです。 当時の語りかけを引っ張り出すと、そこにはこんなことが書かれていました。 そうだよね、自分を見るのが嫌だと、あなたは思っているんだよね。 なぜならば、自分のダメで嫌な部分は見たくないし、そんな嫌な自分を見たらどうしていいかわからないし、そもそも自分はできていると、あなたは思っ

裁きと許し

自分を見るのが嫌であったり、自分を裁くパターンはきっと、自分のことが嫌いなパターンがそうさせているのだと思います。そのパターンきっと、知らず知らずのうちに自分にレッテルを貼ったり、もしくは自分に対してこうあるべきだと決めつけているので、そうではない自分、もしくはそうなれない自分に対してダメだと思ったり、この自分ではいけないと思い自分に対して裁きを与え、自分を傷つけているのだと思います。 自分に対し

bottom of page