• 渡邊 優

肋骨の状態もだいぶ良くなり、久しぶりに海に入りました。

やっぱり、海は気持ちいいです。そして、ここのところ思考の領域からよくやっていた、もうその領域に留まるのはやめよう、というものを、海の中で実践していました。


誰よりもいい波を乗りたい、負けたくない、どちらの方が上手いか、など、他人との比較、競争、もうそこからは降りて、自分のことをやっていこう。


海の中であれば、自分の練習を。そして周りを気にしているパターンがあれば、それをコントロールする術を。そういったことを自分の中だけで行い、自分のためにやっていく。

それができたから、自分を肯定できるや、できなかったから、ダメでもない。ただただ、自分の在り方だけを見つめて、行動していく。


それは自分に時間を使い、自分に労力を割くということです。

それには内側からの胆力が必要になりますが、まるで体幹を使っているようでした。

バレエの成果が出ているのかもしれません。ひょんな所で繋がるものです。


一ヶ月ほど怪我で引きこもっていましたが、新たなる始動と銘打って、自分の在り方だけを見ていこうと思いました。



最新記事

すべて表示

先祖にお祈りをする際、状況がキツイ時や迷っている時など、よく助けて!どっちに行ったらいい?と問いかけていました。それは、こちらからのお願いという祈りだったのです。しかしその返事はあるわけも無く、なんとなく惰性で自分で決めてきました。で、最近思ったのが、祈りの基本は感謝だよね、というものです。 今私が生きていられるのは先祖がいたからこそです。その血を受け継いで、今この肉体が存在しています。そして天や

『私のマントラ』 今、〜さんの言った言葉に私のパターンが引っかかりました。 しかしそれは、〜さんのせいではありません。 私が自分のパターンをケアしていなかったからです。 これから、そのパターンをケアしていきます。 〜さん、ありがとうございました。 あんなこと言われたくなかった、こんな扱いされたくなかった、色んなパターンに引っかかった際、私はまず最初に、このマントラを唱えます。 そしてとても不思議な

「嫌なことがないと人は成長しない・・」 先日の2日間のセミナー後、食事の際に先生が言った言葉です。 自分のことを思い返しても、成長してきた場面は常に嫌なことがありました。嫌なことがあって初めて自分と向き合い、パターンを見つけて語りかけをし、白黒ワークで白パターンを選んで実践していく。その過程では、未熟な今の自分を知り、反省する過程もあります。そんな自分を許しながら、人は成長するのだと思いました。