top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

今、新しい価値を選んでいる最中です。

今までは黒パターンが求めて決めていた「価値」ですが、例えば、お金や地位、勝つこと、上に行くこと、舐められないこと、誰もが認めるものを持つことや、認められる人間になること、そういうことに価値を重んじてきました。


そして最近の新たな価値とは、勇気と強さ、継続力、選び切る意志力、また認める強さ、裏側を知る深い理解力、表面だけにとらわれない、内側のもの、下にあるもの、そういうことに重きを置くようにしています。そうしているんですね。なぜならば、やもするとまだまだ以前の価値で物事を見るので意識的にそうしているんです。


以前の価値がダメ、というわけではないのですが、そちらばかりに傾倒するとバランスが悪いです。

もしかしたらあらゆるものがただ一つの体験としてあるのだとしたら、目に見えないものの価値も体験する必要があるのではないか、その方がバランスの取れた人間なのではないかと思いました。

なんでもそうですが、バランスが悪い状態はそれが崩れた時辛いです。それを拠り所にして執着していた分、ショックや凹みも大きんですね。


ですので、今は新たな価値を使って生きる、ということにチャレンジしています。

慣れていない分大変ですが、きっとそこに成長があるのだと思います。

最新記事

すべて表示

努力

努力について・・・ 努力している、頑張っている、感を出す人が苦手・・というパターンがあります。 なぜなら、努力は人に見せるものでもないし、一人でやるものだからです。だから妙に頑張っている感をアピールする人が私は苦手なんですね。 ですがこれ、私の哲学にも通じている部分があって、もう随分昔に先輩から教わったことなんです。 その先輩はこんなことを言っていました。 ゆたか、努力はな、ウンコと一緒だ。 「何

傷つくということ

私には「傷つくのが怖い」という大きなパターンがあります。 なぜならば、身も心もボロボロになって、暗闇の中に堕ちるし、立ち直れなくなって、生きていけないから、というものです。このパターンが強いと恐怖と不安が優ってしまい、なかなか勇気ある行動が取れません。それは対人関係で、自分の思ったことや感じたことを素直に言えなかったりします。余計なことを言って怒られたり傷つくのが怖いんですね。 そんな「傷つく」と

怒られる

私はこの歳になって、ピアノの先生やカウンセリングを習っている先生から怒られることがあります。 そして、怒られるのが非常に苦手でもあります。それは、自分はできていると思っているからあれこれ言われたくもないし、自分は正しいと思っているから否定されたくもないわけです。そしてプライドもあるので、あんまり本当のことを言われるとプライドが壊れてしまうとも思っています。そんなわけで、私のパターンは怒られることが

Comments


bottom of page