• 渡邊 優

先日、江ノ島で釣りをしていた時のことです。

私がイカを4杯釣った後に、隣で釣りをしている方から、よく釣りますね、どうやって釣るんですか?と聞かれました。その言葉を聞いて何か胸の辺りにモヤモヤを感じ「自分のスキル、コツは教えたくない」という思いが湧いてきたのです。


おっ、これはパターンだな・・と思い「ちょっと待ってください」と言ってその場を少し離れ、自分の中を見て見ました。

何で教えたくないのだろう?何で自分だけのものにしておきたいのだろう?

長年身につけたスキルだから?コストも時間もかけたから簡単には教えたくない?色んなことをパターンは言いましたが最終的にはこれで「教えてしまったら自分の価値がなくなるし、抜かれるかもしれないし、負けて自分が下になってしまうかもしれない」というものでした。

パターンは、人よりもスキルがある自分、上だと思える自分、優越感を感じていられる自分を手放したくなかったのだと思います。


きっとこういうものは他にも沢山あって、特にパターンが思う自分だけのスキル、勝てるもの、というものに関しては、自分だけのものにしておきたい、そう感じているのだと思いました。


また「スキル」ということに関しても、キチンとした哲学が必要だと思いました。


ちなみに聞きにきたその方にはコツを教えて「川崎からバイクで来たけど釣れてよかった〜」と言っていました。2杯釣れていました。

私も良かった〜と思えました。

最新記事

すべて表示

明日から今週いっぱい夏休みにしようと思います。 理由はですね、コロナ明けで体力が完全に戻っていない上に、この炎天下でのライフセーバーが思いのほか熱中症ぽくなり、帰ってくると何もする気になれない・・・というのが本音です。 若い頃はどんなに暑くても仕事をして、外で元気に遊んでを繰り返していたのですが、ここのところその体力も気力も落ちているのに気がつきました。まぁいつまで経ってもギラギラしたおじさんも困

実はコロナになった時、私の中では大変なことが起こっていました。 発熱する前日に会っていた彼女に、移してしまったのです。 彼女の家には80歳を過ぎたお父さんと、70歳の心臓に疾患を抱えたお母さんが同居していて、その高齢のご両親のことを考えた時「やべぇ!爺さんと婆さん死んじまうよ〜〜!こんな高熱耐えられねぇよ!」と焦りに焦りまくったのです。 焦りに焦った私は、病院からもらった薬を持って彼女のところまで

ライフガードのバイト、久しぶりに行ってきました。 このバイト、結構楽しいです。何よりも人に感謝される機会が多いです。 特段何かするわけではないのですが、子供たちが泳いでいる姿を事故のないように見守っていると、色々な人が話しかけてきて、ご苦労様と挨拶をしてくれます。小さい子供にまで頑張ってくださいと言われます。 そんな調子ですから、儲けることや、利益や売上重視で仕事をしてきた私にとってはとても新鮮で