• 渡邊 優

先日、江ノ島で釣りをしていた時のことです。

私がイカを4杯釣った後に、隣で釣りをしている方から、よく釣りますね、どうやって釣るんですか?と聞かれました。その言葉を聞いて何か胸の辺りにモヤモヤを感じ「自分のスキル、コツは教えたくない」という思いが湧いてきたのです。


おっ、これはパターンだな・・と思い「ちょっと待ってください」と言ってその場を少し離れ、自分の中を見て見ました。

何で教えたくないのだろう?何で自分だけのものにしておきたいのだろう?

長年身につけたスキルだから?コストも時間もかけたから簡単には教えたくない?色んなことをパターンは言いましたが最終的にはこれで「教えてしまったら自分の価値がなくなるし、抜かれるかもしれないし、負けて自分が下になってしまうかもしれない」というものでした。

パターンは、人よりもスキルがある自分、上だと思える自分、優越感を感じていられる自分を手放したくなかったのだと思います。


きっとこういうものは他にも沢山あって、特にパターンが思う自分だけのスキル、勝てるもの、というものに関しては、自分だけのものにしておきたい、そう感じているのだと思いました。


また「スキル」ということに関しても、キチンとした哲学が必要だと思いました。


ちなみに聞きにきたその方にはコツを教えて「川崎からバイクで来たけど釣れてよかった〜」と言っていました。2杯釣れていました。

私も良かった〜と思えました。

最新記事

すべて表示

嫌われる勇気

嫌われる勇気か・・・ 嫌われてでも、何かを伝えなければならなかったり、嫌われてでも、本当のことを言わなければならなかったり、嫌われてでも、憎まれてでも、自らが壁となって立ちはだかったりと、相手のことを思うからこそ憎まれ役になりるなんてことは考えたこともなかったです。嫌われて傷つく、ヘコむことはあっても、自ら嫌われ者を買って出るなんてことは一度もなかったと思います。黒パターンでの嫌いはありましたが。

プライドという罠

自分を見ていると、プライドがまだまだ高いな〜と思ういときがあります。 それは誰かに何かを言われたり、されたりした時、このプライドが出てきて、プライドを傷つけられた、プライドが許さないと言います。 また自分のプライドを守るためならなんでもするとも言います。 それは言い訳であったり、人のせいにしたり、他人を責めたりして、とかく自分が悪くないように、自分のせいにならないようにと、自分を守るための保身でも

幸せって・・

今日も白パターンを選ぶべく朝からワークに実践と勤しんでおります。 こうして毎日学べることって、すごく幸せなことだと思いました。 苦しい時もあり、達成感を感じる時もある。どんな場面にも学びがあり、そんな環境が幸せだと思うのです。 何かをやり遂げてしまった後よりも、そのプロセスの方がきっと何倍もハラハラ、ドキドキがあり、そこから沢山学んで、自分の血と肉にしていく。白パターンを上手く選べた時もあれば、そ