top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

ここ数日、物事を考えている時に「アッ、これはパターンの思考だな」と気づく時がありました。

それは、他人に対してあーだこーだと考えている時です。


そして思ったのは、パターンは放って置いちゃいけないなと。ちゃんと語りかけをして、理解し、私が受け入れていかないと、パターンはずーっと不満や怒りを持ったままです。寧ろその不満や怒りは、パターンの心の叫びなのだとも思いました。ちゃんと話を聞いて!ちゃんと解って!ちゃんと理解して!そんな叫びが私まで届かない時、届くまでサインを出し続けます。それは思考や想いとなり、時にはストレスとなって、私が苦しむまでサインを出し続けるのです。パターンという自分自身に向かうまで。


以前道場の日記に「あらゆるものが自分に向かうためにある」と書かれていました。

きっと他人も、家族も、社会も、全ての出来事も、全部自分のパターンを見るため、そして受け入れ、許すために用意されているものだとしたら、パターンは絶対に放って置いちゃいけないと思いました。


なぜなら、それが人の生きる目的の一つだから、だと思います。

最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page