• 渡邊 優

私には損得勘定で物事を計るパターンがあります。

確信的な利益から、この人と付き合っていたら得をするというようなパターンです。

ハッキリ申し上げると、「自分の得になる人としか付き合いたくない」という黒パターンです。


この黒パターンは、この人と付き合えば何らかの利益が得られる(仕事上でもプライベートでも)であったり、自分を認めてくれる人、大切にしてくれる人、優しくしてくれる人、親切にしてくれる人、歯向かわない人、思い通りになる人、貴重な情報をくれる人、自分が勝てる相手、自分の優越感を満たしてくれる人です。


その逆に、自分の得にならない人というのもあります。

それは、自分に怒る人、責める人、ダメだしする人、歯向かう人、傷つける相手、自分が負ける相手、自分より強い人、思い通りにならない人、上から目線の人、マウントしてくる人、騙す人、利己的な人、自分の話を聞かない人、面倒臭い人です。


今思い返すと、この自分の得にならない人は、無意識にその相手から自然と離れていたと思います。

その逆も然りで、自分の得になる相手とは親密になったり、仲良くなり、自分の側に置いておきたい。

そういった付き合い方をしてきたと思いました。


私のこの損得勘定で何事も計り、考え、答えを導き出すパターンですが、これはもの凄く昔からあり、もっと言えば前世からあったと思います。それほど損得に執着して、損をしない生き方、得になる生き方、これが正しく、間違いのない生き方だと思い込んできました。


この黒パターンを超えること。それは、私の今生の課題でもあります。


そして、その先の損得じゃない世界。

これも今生で体験したい。そう強く思うのです。

最新記事

すべて表示

外見に左右される

最近あることに気がつきました。それは黒パターンなのですが、人の外見に左右されるということです。私の場合、見てくれがゴツくて、強そうで、顔も髭面で、ブスッとした屈強な男性を見ると怖そうに感じ、どこかビクビクする。パターンからしたら、そういう人は人を傷つけてきた、もしくは力で人をねじ伏せてきた、だから自分もそうされるだろうと思うからです。パターンはそうだと決めつけています。だから体が萎縮してビクつくの

感謝

バレエスタジオに通っていた73歳の女性の方が亡くなりました。 この方はきみこさんと言って、バレエだけに限らず、ピアノを演奏して発表会にまで出ていた方でした。 私がバレエスタジオに通いはじめた頃、私は男性一人ということもあり、誰とも喋らず、目も合わさず、何処にも自分の居場所を感じずにいた時、きみこさんはバレエ初めて入門という初心者用の本を持ってきて貸してくださいました。それからはことあるごとに私に声

特権意識・・

昨日江ノ島でイカを釣っていると、隣のおじさんが、よく釣るね、どうやって釣るの?と聞かれました。私は意気揚々とイカの釣り方を説明しだして、天下を取ったかのごとく、詳しく説明したのです。 浮き足立って説明しているこの状態・・・あれ??なんだ?このゾワゾワ感・・ 一通り説明し終わった後、先程の感覚を思い出していました。 隣のおじさんに、よく釣るね、と言われたことで「自分は特別だ」という私の黒パターンがそ