• 渡邊 優

誰もが抱く、穏やかな心や軽やかな心、どうやったらそういう心になれるのか、もしくはそういう人になれるのか、そんなことを昔はよく考えていました。勝手な想像として、そういう人間はレベルが高い、良い人と思われる、好かれる、大切にされる、敵を作らない、味方が増える、世間で得をする、そんな風に思っていたのです。


しかし、本当の心の内はドキドキハラハラしていても、穏やかな「振る舞い」をしていたのをよく覚えています。その方が他からの評価も高くなり、自分も傷つかないで済む(自分をダメだと思わなくて済む)しかし、振る舞いはどこまで行っても振る舞いで、所詮は本当の自分ではなかったのです。


この振る舞いは至るところで顔を出します。

できる人の振る舞い、分かっている人の振る舞い、心の広い人の振る舞い、強い人の振る舞い、理解がある人の振る舞い、傷ついていない振る舞い、平気で冷静な振る舞い、そのどれもが本当の自分ではありませんでした。自分を誤魔化す。だからこそ苦しむんですね。それが以前の私でした。


大切なことは、自分を知るということ。他人の評価を気にしたり、嫌われたりたりしないよう、ダメだと思われないよう、そんな自分を悟られないよう、保身になっている自分です。


そんな自分を受け入れる心。ジャッジなくただ受け入れる心。

それが、振る舞いから降りて、そういう心になるということなのだと思いました。

最新記事

すべて表示

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で

嫌なことがあったとき、苦しいことがあったとき、私は自然の中に入って緑の匂いを嗅いだり、土の匂いを嗅いだりして、心を落ち着かせるのに助けてもらっています。 そしていつも思うことですが、なんで自然はこんなに優しいのだろうと。 きっと何も見返りを求めずに、ジャッジなくただ与えているからだと思いました。 食物も、空気も、癒しも、何もかも与えてもらっています。 以前のセミナーで、宇宙は利他で出来ていると聞き

他人との比較は、無意識のうちにしていると思います。 私もそうでした。 他人と自分を比較し、時に自分はまだマシだと思い、安心したりします。 またその逆に、他人の方が優れていると思うと、自分はダメだと思い自己嫌悪に陥ります。 また他人からの評価も同じように、良い評価だと嬉しく優越感を感じ、悪い評価だと凹み自己嫌悪にこれまた陥ります。 そしてその次にやったのが、白パターンとしての、もう他人との比較や評価