top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

誰もが抱く、穏やかな心や軽やかな心、どうやったらそういう心になれるのか、もしくはそういう人になれるのか、そんなことを昔はよく考えていました。勝手な想像として、そういう人間はレベルが高い、良い人と思われる、好かれる、大切にされる、敵を作らない、味方が増える、世間で得をする、そんな風に思っていたのです。


しかし、本当の心の内はドキドキハラハラしていても、穏やかな「振る舞い」をしていたのをよく覚えています。その方が他からの評価も高くなり、自分も傷つかないで済む(自分をダメだと思わなくて済む)しかし、振る舞いはどこまで行っても振る舞いで、所詮は本当の自分ではなかったのです。


この振る舞いは至るところで顔を出します。

できる人の振る舞い、分かっている人の振る舞い、心の広い人の振る舞い、強い人の振る舞い、理解がある人の振る舞い、傷ついていない振る舞い、平気で冷静な振る舞い、そのどれもが本当の自分ではありませんでした。自分を誤魔化す。だからこそ苦しむんですね。それが以前の私でした。


大切なことは、自分を知るということ。他人の評価を気にしたり、嫌われたりたりしないよう、ダメだと思われないよう、そんな自分を悟られないよう、保身になっている自分です。


そんな自分を受け入れる心。ジャッジなくただ受け入れる心。

それが、振る舞いから降りて、そういう心になるということなのだと思いました。

最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page