top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

あらゆるパターンがある中で、自分を責める、というパターンがあります。しかし、この自分を責めるというのは本当によくないと思う。それは自分で自分を傷つけることに繋がるからです。自分を責めるのではなく、ただ改めればいいだけ。語りかけでパターンを受け止め、白黒ワークで新たな在り方を選び、中立ワークで新しい見方を強化していく。本当にこれだけで生きるのがどんどん楽になっていく。


人って順調に上手く行っている時は自分には見向きもしないです。お金、お酒、異性、オシャレ、車、趣味、外側にあるものに囚われさえします。しかし全てが上手くいかず、苦しみ、足掻いて、初めて我を振り返る。寧ろ苦しまないと自分には目を向けないのかもしれません。


私は、人は変わらないと教わってきました。自分自身もずっとそう思ってきました。きっとそれは外側に働きかけて必死に誰かを変えようとした結果、人は変わらないという結論に至ったんだと思います。しかし今は違います。他人を変えるのではなく自分を変えていく。これが人は変わるということです。それは成長であり進化です。


この成長と進化の道のりを歩くともう戻れない。それほどパワフルで醍醐味のある経験です。

この衝撃ともいえる魂の成長を沢山の人に経験してもらいたい、そう願います。




最新記事

すべて表示

自分に責任を持つ

自分に責任を持つって、苦手でした。なんだか罰ゲームのように何かを課せられているような、失敗できないような、そして自分に自信もなかったので、自分の行動や考えに責任を持つのが怖かったのです。そして最近思うのは、責任を持つも何も、そういう風にできているんじゃないか?という事です。 自分の考えには相応の答えを、自分の行動にも相応の答えを宇宙は与えるのだと思います。そして自分自身にも、自分の考えや思いには、

もっと気楽に

自分を観察しているとついつい厳しい目で自分をジャッジしてしまいます。それだけパターンに対してまだまだ負のイメージが私は強いのだと思いました。 そもそもパターンは誰もが持っていて当たり前のもの。だからワークも、自分を見ることも、もっと気楽に淡々とやっていいのだと思いました。 むしろ深刻にすればするほどワークに重さがでてきてしまいますし、自分を見る目も「ぐぬぬぬ〜!」どこか力が入って見ています。だから

bottom of page