top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

先日、もっと成長しなければ!もっと早く成長しなければ!と、躍起になっている時がありました。

この「成長しなければいけない」というパターンは焦りを生み、根底には今の自分ではダメだという自己否定を持ちながらでいるものです。そうすると、サーフィンも、ワークも、自己観察も、あらゆることが空回りし、地に足がつかない状態の中で集中力も散漫になり、全く進んでいないな。と、明らかに自分でも分かる停滞を感じていました。


サーフィンも、自己探究も、本当は楽しくて、新たな発見や学びが面白くて、自らから進んで行っている活動でした。

それがいつの間にかに、義務やノルマの様になってしまっていたのです。それも重くて硬いものを背負っているように。その状態にいるときにふと思ったのです。

自分、全く楽しんでいないな、と。

楽しむということがどれほど自分を軽くし、深刻にしないのか。


そんな時にバレエを思い出したのです。

どんなにキツくても、先生や生徒さんは楽しんでやっていたよなって。


この経験を通して分かったことは、地道にコツコツと、楽しみながら淡々と毎日やっていくことこそが、一番の近道なのだと、改めて気づかされました。

本気になってやる。そこには楽しむという要素も入っていて、楽しいからこそ本気になれる。


この感覚を忘れずに、今日からの2日間、グループセミナーを楽しんで学んできます。

ではでは。



最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page