• 渡邊 優

先日、もっと成長しなければ!もっと早く成長しなければ!と、躍起になっている時がありました。

この「成長しなければいけない」というパターンは焦りを生み、根底には今の自分ではダメだという自己否定を持ちながらでいるものです。そうすると、サーフィンも、ワークも、自己観察も、あらゆることが空回りし、地に足がつかない状態の中で集中力も散漫になり、全く進んでいないな。と、明らかに自分でも分かる停滞を感じていました。


サーフィンも、自己探究も、本当は楽しくて、新たな発見や学びが面白くて、自らから進んで行っている活動でした。

それがいつの間にかに、義務やノルマの様になってしまっていたのです。それも重くて硬いものを背負っているように。その状態にいるときにふと思ったのです。

自分、全く楽しんでいないな、と。

楽しむということがどれほど自分を軽くし、深刻にしないのか。


そんな時にバレエを思い出したのです。

どんなにキツくても、先生や生徒さんは楽しんでやっていたよなって。


この経験を通して分かったことは、地道にコツコツと、楽しみながら淡々と毎日やっていくことこそが、一番の近道なのだと、改めて気づかされました。

本気になってやる。そこには楽しむという要素も入っていて、楽しいからこそ本気になれる。


この感覚を忘れずに、今日からの2日間、グループセミナーを楽しんで学んできます。

ではでは。



最新記事

すべて表示

向き合うことで・・

「思い通りじゃなかきゃ嫌だ」 というパターンと向き合い始めて、思い通りにならない出来事や現実を突きつけられています。 それは思い通りにならない他人、状況、出来事、気持ち、自分自身と様々ですが、そこで分かったことがいくつかありました。それは思い通りにならない現実に抵抗すればするほど、抗えば抗うほど(現実に抗うではなくとも、心の中で受け入れられない状態だと)苦しむということ。 今私は「思い通りじゃない

半沢直樹

今日は大人気ドラマ、半沢直樹について書いてみます。 日曜劇場の半沢直樹は見ている方も多いと思いますが、私も毎週欠かさずに見ています。 その中でも私を惹きつけるのは、やっぱり直樹のアホほど真っ直ぐで、実直で正直なところ。 自分の仕事にしっかりとした哲学を持ち、様々な困難に合いながらも自分の信じた正義を貫くその姿は憧れるところでもあり、きっと自分もそうありたいと思っているのだとも思う。 長いものには巻

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com