• 渡邊 優

昨日は久しぶりに釣り仲間の後輩(24歳男子)から連絡があり、一緒にこれから江ノ島へ釣りに行きませんか?と誘われたので行ってきました。しかし、本当に珍しい誘いだったので、何かあるのかな?と思いながら顔を合わせると「成功の仕方を教えて下さい」とのこと・・


成功かぁ〜〜、久しぶりに聞く単語に少し戸惑いながらも、色んな話を彼としました。なんで成功したいのか?ファイヤーして(最近流行っているアーリーリタイヤ)ず〜っと釣りだけをやっていたい、好きなことだけしたい、遊んで暮らしていたい、そんなことを言っていました。(どうやら私がそう見えるらしい 笑)


恐らく一般的にいう成功とは、このような黒パターンの望む成功だと思います。

それは、経済的な自由と、時間的な自由があり、女性からモテて、万人から認められる、賞賛される、羨ましがれる、いい車に乗って、いい家に住んで、暖かい家庭があり、どこからどう見ても幸せそうで、余裕があって、何の不自由もないこと。きっとまだまだ沢山あるとは思いますが、そんなところじゃないかと思います。


しかし、今の私からするとそれらは二次的なもので、今の私にとっての成功とは、「私」として生きること、感謝すること、天と自分を信じること、好きな仕事がやれること、自分を許し認めること、仲間を応援できること、力になること、成長すること、そういったものになります。


成功とはきっと、それこそ人によって違うのだろうし、違っていいものだと思うし、また変わっていくものだと思います。


以前何かの本で読みましたが「成功を求めた瞬間から苦しみが始まる」と書いてありました。

きっと黒パターンの求める成功を追いかけてしまうと、際限のない欲望をもっともっとと追いかけて、満足しない、ず〜っと心が乾いた状態なのだと思います。それこそ自分に合っていない、他人の受け入りの成功を求め、追いかけてしまうと、それは不幸だと思いました。


success、成功かぁ〜

思いもかけない質問に、改めて考える機会ができました。



最新記事

すべて表示

セミナー一日目が終わりました。 まだ一日ですが、すでに一年分学んだ気分です!笑 私のヒットしたテーマとしては、鎧を脱ごう!というもの。 そもそもここで言う鎧とは、プライドだったり、保身だったり被害者意識や特権意識です。 それらの鎧は人を停滞させてしまう。 プライドは自分を特別扱いして自分を守り、特権意識は安住の地にいて問題から自分を遠ざけ、被害者意識は甘えを産んでしまう。それらを停滞と呼ばずしてな

今日はこれから魂の道場、茅ヶ崎セミナーです。 年内最後のセミナー、今年自分はどうだったか。そんなことを自問自答しながら、セミナー会場まで向かおうと思います。 ここ最近ヒョンなことから自分の核というべきパターンを発見し、それに翻弄されたり、はたまた冷静に対処出来たりと、そんな新たな課題に取り組み始め、来年に向けての助走が始まっている気がします。その辺りも含め、今回のセミナーでは教えてもらおうと思いま

結局のところ、全ての自分を認めるしかないのだと思いました。 俺様というパターンがあり、プライドもある自分。それを受け入れ、認めていくことからしか前に進めないのだと思います。 認められない間はずーっとパターンが燻り、ストレスと息苦しさを感じます。しかし、もう認めるしかないと諦めた瞬間から、肩の荷が降りて、ほんの少し、身軽になります。 自分の中で行われている一人相撲・・・ 理想を求めている自分と、現実