• 渡邊 優

さて、今日はこれからバレエです。

今年で4年目を迎えました。

始めた当初は、「なんで男の俺がバレエなんかやるんだ、恥ずかしい、嫌だ嫌だ」と思っていました。

確かに女性の中でただ一人男性で、心細さや恥ずかしさ、なんとも言えない孤独感を感じていたのを覚えています。そして更に女性の先生からずけずけとダメ出しをされ、恥ずかしさは倍増し、惨めさや情けなさがプラスされました。内心はもうやめたいのオンパレードだったのです。

そして嫌ならやめればいいじゃん!という葛藤と毎回戦っていました。もちろん「バレエが嫌だ!」という語りかけをしながら。


しかし、やっていくうちに少しづつ少しづつ、「あれ?これ気持ちいいぞ!なんだなんだ?この世界いいかも!」という思いの方が優っていったのです。


あのとき辞めなくてよかったと本当に思います。


「バレエは嫌だ」から「バレエは気持ちいい」への意味づけの変化。

これは意識的に自ら頑張って続けたということもありますが、何よりも、バレエの良さに触れた、ということなのだと思います。それまではパターンがブロックして中々バレエの良さに気づけませんでした。美の表現という気持ち良さに・・

今日も気持ちいいことしてきます!

最新記事

すべて表示

外見に左右される

最近あることに気がつきました。それは黒パターンなのですが、人の外見に左右されるということです。私の場合、見てくれがゴツくて、強そうで、顔も髭面で、ブスッとした屈強な男性を見ると怖そうに感じ、どこかビクビクする。パターンからしたら、そういう人は人を傷つけてきた、もしくは力で人をねじ伏せてきた、だから自分もそうされるだろうと思うからです。パターンはそうだと決めつけています。だから体が萎縮してビクつくの

感謝

バレエスタジオに通っていた73歳の女性の方が亡くなりました。 この方はきみこさんと言って、バレエだけに限らず、ピアノを演奏して発表会にまで出ていた方でした。 私がバレエスタジオに通いはじめた頃、私は男性一人ということもあり、誰とも喋らず、目も合わさず、何処にも自分の居場所を感じずにいた時、きみこさんはバレエ初めて入門という初心者用の本を持ってきて貸してくださいました。それからはことあるごとに私に声

特権意識・・

昨日江ノ島でイカを釣っていると、隣のおじさんが、よく釣るね、どうやって釣るの?と聞かれました。私は意気揚々とイカの釣り方を説明しだして、天下を取ったかのごとく、詳しく説明したのです。 浮き足立って説明しているこの状態・・・あれ??なんだ?このゾワゾワ感・・ 一通り説明し終わった後、先程の感覚を思い出していました。 隣のおじさんに、よく釣るね、と言われたことで「自分は特別だ」という私の黒パターンがそ