top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

さて、今日はこれからバレエです。

今年で4年目を迎えました。

始めた当初は、「なんで男の俺がバレエなんかやるんだ、恥ずかしい、嫌だ嫌だ」と思っていました。

確かに女性の中でただ一人男性で、心細さや恥ずかしさ、なんとも言えない孤独感を感じていたのを覚えています。そして更に女性の先生からずけずけとダメ出しをされ、恥ずかしさは倍増し、惨めさや情けなさがプラスされました。内心はもうやめたいのオンパレードだったのです。

そして嫌ならやめればいいじゃん!という葛藤と毎回戦っていました。もちろん「バレエが嫌だ!」という語りかけをしながら。


しかし、やっていくうちに少しづつ少しづつ、「あれ?これ気持ちいいぞ!なんだなんだ?この世界いいかも!」という思いの方が優っていったのです。


あのとき辞めなくてよかったと本当に思います。


「バレエは嫌だ」から「バレエは気持ちいい」への意味づけの変化。

これは意識的に自ら頑張って続けたということもありますが、何よりも、バレエの良さに触れた、ということなのだと思います。それまではパターンがブロックして中々バレエの良さに気づけませんでした。美の表現という気持ち良さに・・

今日も気持ちいいことしてきます!

最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page