• 渡邊 優

恥を晒したくない。というパターンについて。


この日記でもそう。あんなこと書かなきゃよかった、こんなこと書かなきゃよかったと思ったことは数知れず。

先日の日記も「いや自分、ここまで深刻に考えていないだろ」と思って削除したつもりの日記が上がっていた・・・夜見てみてビックリした!うわあ〜〜〜〜!なぜ??恥ずかしい〜〜と思い速攻削除しましたがもうあとの祭り。

パターンは暴れまくって、それは翌日まで持ち越され、ワークをしまくった週末でした。


この恥を晒したくないという私のパターンですが、パターンからすると「日本男子たるもの恥を晒すくらいなら腹を切れ!」と、それくらい恥に対しての抵抗感が強く、自分の弱みやダメなところ見せたくないのだと思う。それが他人にバレてジャッジされたら自分を支えられない。だから恥を晒したくない。


でもそれって、他人が自分をジャッジしてるんじゃなくて、自分で自分をジャッジしてることじゃね?

自分を恥に感じるって、そういうことなんだと思いました。

自分にしていることは他人にもする。だから他人からもされていると思い込む。

そんなカラクリがやっと分かった体験でした。


しかもそもそも恥って?と考えた時、パターンが思っている理想の自分と、現実の自分にギャップがあり、その現実の自分を許していないから恥と捉えているのだと思う。


だからもう、そのままの自分を許していこう。


これを選ぶ。

そう決意した朝でした、

最新記事

すべて表示

オリンピック

呪われたオリンピックと揶揄されていますが、私は以前から東京オリンピックを楽しみにしていました。特に今回から正式種目となったサーフィンを毎日楽しく観戦しています。 しかし世界の若いトッププロはどんな舞台においてもニコニコしていて、楽しそうに演技をしています。肩の力も抜けて、本来の自分のパフォーマンスが出せているのが見ているこちらにも分かります。 しかし日本代表はどこか気合が入りすぎて顔が怖い・・・

今周りにあるもの

今周りにあるものは、全てミームを上げるためにあるもの。 言い方を変えれば、全て自分の成長のためのもの。 一見嫌なこと、面倒臭いこと、不快なこと、腹が立つこと、そんなパターンがどうしようもなく騒ぐ出来事。そういったもの全てが、階段を登るために必要なもの。 そうすると無駄なものなど何一つなく、全てにおいて、パターンであればケアしていけばいいし、新たな白パターンに挑戦していけばいい。 自分のことになると

今か後か

見たくない、見ようとしない、なぜならもうそれ以上傷つきたくないから。 自分を見るとき、中々目を向けられずにいるときは、大体このような時が多いです。 しかし残念ながら、前に進むには自分を見て、理解し、受け入れていくほかありません。 その時はキツく、苦しくても、先々自分のためになる、ということだけは分かるのですから。 先にやるか、後に回すかの違いなだけ。これも散々やってきたこと。 後に回せば回すほど同