• 渡邊 優

恥を晒したくない。というパターンについて。


この日記でもそう。あんなこと書かなきゃよかった、こんなこと書かなきゃよかったと思ったことは数知れず。

先日の日記も「いや自分、ここまで深刻に考えていないだろ」と思って削除したつもりの日記が上がっていた・・・夜見てみてビックリした!うわあ〜〜〜〜!なぜ??恥ずかしい〜〜と思い速攻削除しましたがもうあとの祭り。

パターンは暴れまくって、それは翌日まで持ち越され、ワークをしまくった週末でした。


この恥を晒したくないという私のパターンですが、パターンからすると「日本男子たるもの恥を晒すくらいなら腹を切れ!」と、それくらい恥に対しての抵抗感が強く、自分の弱みやダメなところ見せたくないのだと思う。それが他人にバレてジャッジされたら自分を支えられない。だから恥を晒したくない。


でもそれって、他人が自分をジャッジしてるんじゃなくて、自分で自分をジャッジしてることじゃね?

自分を恥に感じるって、そういうことなんだと思いました。

自分にしていることは他人にもする。だから他人からもされていると思い込む。

そんなカラクリがやっと分かった体験でした。


しかもそもそも恥って?と考えた時、パターンが思っている理想の自分と、現実の自分にギャップがあり、その現実の自分を許していないから恥と捉えているのだと思う。


だからもう、そのままの自分を許していこう。


これを選ぶ。

そう決意した朝でした、

最新記事

すべて表示

今の自分の課題ですが、もっと他人に対して愛を持って接していきたい・・と思っています。 それは今までとは違う自分です。今までは自分のことだけをやってきました。自分のために自分の声を聞いて、パターンのケアをして、自分を理解して、自分を許してと・・それはそれで続けていくのですが、他人に対しても愛が持てるようになりたいと思ったんです。 物事に対してや、他人の感じていること、他人の問題に対して、何処か他人事

セミナー2日間が終わり、今消化しながら少しづつ自分の中に落とし込んでいます。 個人的な課題もさることながら、やるべきこと、手放していくこと、それらは満載のように思いました。 今という時代が変化、変動をしているとき、自分も変わっていかなければならないと思います。しかもスピード感を持って。 そこで自分の弊害となってくるのが、今までのままでいい、変わりたくない、変えたくない、という黒パターンの声です。今

外側から派生して自分の中で起こること、腹立たしさや苛立ち、悔しさ、なんとも言えないもどかしさ、分かってもらえない苦しさ、受け入れてもらえなかった悲しみ、嫌われた寂しさ、一人きりの惨めさ、そんな自分の中に沸き起こる全てのことを自分で引き受けていく。そのことを改めて実感するセミナー1日目でした。 なぜ引き受けなければいけないのか・・ 引き受けないでいると、 寂しさに耐えられずに、他人を利用して自分の側