top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

恥を晒したくない。というパターンについて。


この日記でもそう。あんなこと書かなきゃよかった、こんなこと書かなきゃよかったと思ったことは数知れず。

先日の日記も「いや自分、ここまで深刻に考えていないだろ」と思って削除したつもりの日記が上がっていた・・・夜見てみてビックリした!うわあ〜〜〜〜!なぜ??恥ずかしい〜〜と思い速攻削除しましたがもうあとの祭り。

パターンは暴れまくって、それは翌日まで持ち越され、ワークをしまくった週末でした。


この恥を晒したくないという私のパターンですが、パターンからすると「日本男子たるもの恥を晒すくらいなら腹を切れ!」と、それくらい恥に対しての抵抗感が強く、自分の弱みやダメなところ見せたくないのだと思う。それが他人にバレてジャッジされたら自分を支えられない。だから恥を晒したくない。


でもそれって、他人が自分をジャッジしてるんじゃなくて、自分で自分をジャッジしてることじゃね?

自分を恥に感じるって、そういうことなんだと思いました。

自分にしていることは他人にもする。だから他人からもされていると思い込む。

そんなカラクリがやっと分かった体験でした。


しかもそもそも恥って?と考えた時、パターンが思っている理想の自分と、現実の自分にギャップがあり、その現実の自分を許していないから恥と捉えているのだと思う。


だからもう、そのままの自分を許していこう。


これを選ぶ。

そう決意した朝でした、

最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

コメント


コメント機能がオフになっています。
bottom of page