• 渡邊 優

「答えを急がなくてもいい」

最近は自分にそう言っています。

この学びをしていると、答えを急いでしまう時があるからです。

なりたい自分になれないもどかしさや(勿論パターン)、パターンでいるときの不快感や辛さを早くどうにかしたい、または超えたい、という重さから、解決しようとしてしまう傾向が自分にはあり、そんな時に「答えを急がなくてもいい」と、自分に言っています。

そうすると、不思議なくらい安心感と開放感が生まれます。

この状態になってから、語りかけのワークなどを行っています。


早く「良い」結果が欲しい。思い通りの「答え」が欲しい。

パターンはこういったことを望んでいるようにも思います。


これはパターンに限らず、あらゆることに共通している問題だとも思います。

今まで学校や社会で早く良い結果を出すように求められ、また自らも求め、慣れ親しんだ結果だとも思います。


しかし人生は長い。私の先生もマラソンだといっていました。

もし何かに追われ、生き急いでいるような時があったら「答えを急がなくてもいい」そう呟いてみてください。

最新記事

すべて表示

向き合うことで・・

「思い通りじゃなかきゃ嫌だ」 というパターンと向き合い始めて、思い通りにならない出来事や現実を突きつけられています。 それは思い通りにならない他人、状況、出来事、気持ち、自分自身と様々ですが、そこで分かったことがいくつかありました。それは思い通りにならない現実に抵抗すればするほど、抗えば抗うほど(現実に抗うではなくとも、心の中で受け入れられない状態だと)苦しむということ。 今私は「思い通りじゃない

半沢直樹

今日は大人気ドラマ、半沢直樹について書いてみます。 日曜劇場の半沢直樹は見ている方も多いと思いますが、私も毎週欠かさずに見ています。 その中でも私を惹きつけるのは、やっぱり直樹のアホほど真っ直ぐで、実直で正直なところ。 自分の仕事にしっかりとした哲学を持ち、様々な困難に合いながらも自分の信じた正義を貫くその姿は憧れるところでもあり、きっと自分もそうありたいと思っているのだとも思う。 長いものには巻

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com