top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

今日は茅ヶ崎グループセミナーです。

実はこの2ヶ月、大きな出来事というのはほとんどありませんでした。それはきっと、こうだと決めつけていたパターンから降りてみた時、思っていたことと違う、と感じたことが大きかったせいだと思います。


認められたい、受け入れられたい、というパターンでいるときは、他人や社会から認められたり、受け入れられないとこの世界ではやっていけない、生きていけないとパターンは思っています。


ですがこのパターンをケアして、認められなくてもいい、受け入れられなくてもいい、自分で自分を支えていこうを選び続けていると、他人との距離が自然に保たれて、他人に依存することなく、自分を保つことができます。


そうすると不思議と、他人を認められ、受け入れられるスペースが自分の中に生まれます。この変化は、社会や他人に認められなかったら、受け入れられなかったらどうなってしまうのだろうと、不安や恐怖を抱いていた感覚とは全く違うものでした。


個人的にはパターンに囚われなくなったお陰で、楽に自由になった感覚があります。それはいつも通りの感覚ですが、かつ自分の中にスペースができたお陰か、他人との向き合い方が変わってきている気がします。どう変わってきているのか、このあたりはもう少し自己観察が必要だと思いました。


いずれにしても、意識的に選び続ける。

引き続きやっていきます。



最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Kommentarer


Kommentering har blitt slått av.
bottom of page