• 渡邊 優

全て思い通りになる人生。それが、成功した人生だと思っていました。

物質も、他人よりいいものを。家族も、他から見たら幸せそうに見える家族を。

コマーシャルにそのまま出てくるような、チャーミーグリーンのような幸せそうな家族。いい服にいい家、いい車、他と比べて幸せそうに見える思い通りの人生。それが、成功の証だと思っていたのです。しかしこれは、全て洗脳であったんだな。と思いました。


これは私の経験ですが、思い通りにしたいというパターンは、どれだけ物質やお金を手に入れても、満足することはありませんでした。

そして自分自身も思い通りにしたい。それはどれだけ理想の自分になろうと頑張っても、自分自身にオーケーなんか出さないし、自分自身を認めるなんてことはなかったのです。

そもそも、そのままの自分を認められず、否定していたのだと思います。だから、理想の自分や、思い通りの人生を求めていたのだと思います。


世の中には沢山の幸せそうに見える何かで溢れています。

コマーシャルに沢山のSNS、インスタを開けばカッコよくて美しい写真が沢山出てきて、それを見て、いいな〜すげ〜な〜と思うこともあるし、情報に翻弄されることもしばしば。でも、今あるものに満足して、感謝していくことが一番大事なのだと、最近つくづく思いました。


散々パターンと共に理想を追い求めて疲れた。というところが正直なところかもしれません。

そう考えると、例え黒パターンであってもやり切る、というのも大事なのかもしれない。


そこからしか見えない自分だけの大事なもの。それに気づけるのだと思いました。

最新記事

すべて表示

昨日は皆さんの近況、私の近況を通して自分自身を開示し、そこから派生する新たな気づきや学びをしていました。 しかしこの「開示」というもの、普段の生活では滅多にお目にかかることはありません。 それはきっと、自分の内側を見せるということが「弱さや負け」という意味づけに繋がっているからだと思います。それは他人の内側を見たときに、無意識のうちに自分と比較して、自分の方が優っている、劣っていると解釈し、自分の

今日はこれから魂の道場、岩手グループ、沖縄グループ、茅ヶ崎グループ、また個人で道場に通っている方達が一同に会したセミナーがあります。 ここ何年かコロナウイルスの影響もあり、他のグループに出席して皆さんの顔見ることもありませんでしたが、本日やっと、皆さんの元気なお顔を拝見できます。 お会いしていなかった間、それぞれの時間をこの学びに費やし、色々な経験のもとで皆さんが学んできたかと思われると感慨深いも

一人になりたくない・・ という、もう遠い遠い前世から引き継いでいるような強固な黒パターンに語りかけ、そのパターンの中に浸っていると、誰かに守ってもらいたい、助けてもらいたい、という強い思いを感じます。 このパターンは、誰かに守られていたら、自分に自信を持てる、自分に価値も持てて、他人の目も気にせず、強い自己肯定感を持って生きていかれる。 だから、誰かに守ってもらいたい、助けてもらいたい、そう叫んで