• 渡邊 優

全て思い通りになる人生。それが、成功した人生だと思っていました。

物質も、他人よりいいものを。家族も、他から見たら幸せそうに見える家族を。

コマーシャルにそのまま出てくるような、チャーミーグリーンのような幸せそうな家族。いい服にいい家、いい車、他と比べて幸せそうに見える思い通りの人生。それが、成功の証だと思っていたのです。しかしこれは、全て洗脳であったんだな。と思いました。


これは私の経験ですが、思い通りにしたいというパターンは、どれだけ物質やお金を手に入れても、満足することはありませんでした。

そして自分自身も思い通りにしたい。それはどれだけ理想の自分になろうと頑張っても、自分自身にオーケーなんか出さないし、自分自身を認めるなんてことはなかったのです。

そもそも、そのままの自分を認められず、否定していたのだと思います。だから、理想の自分や、思い通りの人生を求めていたのだと思います。


世の中には沢山の幸せそうに見える何かで溢れています。

コマーシャルに沢山のSNS、インスタを開けばカッコよくて美しい写真が沢山出てきて、それを見て、いいな〜すげ〜な〜と思うこともあるし、情報に翻弄されることもしばしば。でも、今あるものに満足して、感謝していくことが一番大事なのだと、最近つくづく思いました。


散々パターンと共に理想を追い求めて疲れた。というところが正直なところかもしれません。

そう考えると、例え黒パターンであってもやり切る、というのも大事なのかもしれない。


そこからしか見えない自分だけの大事なもの。それに気づけるのだと思いました。

最新記事

すべて表示

オリンピック

呪われたオリンピックと揶揄されていますが、私は以前から東京オリンピックを楽しみにしていました。特に今回から正式種目となったサーフィンを毎日楽しく観戦しています。 しかし世界の若いトッププロはどんな舞台においてもニコニコしていて、楽しそうに演技をしています。肩の力も抜けて、本来の自分のパフォーマンスが出せているのが見ているこちらにも分かります。 しかし日本代表はどこか気合が入りすぎて顔が怖い・・・

今周りにあるもの

今周りにあるものは、全てミームを上げるためにあるもの。 言い方を変えれば、全て自分の成長のためのもの。 一見嫌なこと、面倒臭いこと、不快なこと、腹が立つこと、そんなパターンがどうしようもなく騒ぐ出来事。そういったもの全てが、階段を登るために必要なもの。 そうすると無駄なものなど何一つなく、全てにおいて、パターンであればケアしていけばいいし、新たな白パターンに挑戦していけばいい。 自分のことになると

今か後か

見たくない、見ようとしない、なぜならもうそれ以上傷つきたくないから。 自分を見るとき、中々目を向けられずにいるときは、大体このような時が多いです。 しかし残念ながら、前に進むには自分を見て、理解し、受け入れていくほかありません。 その時はキツく、苦しくても、先々自分のためになる、ということだけは分かるのですから。 先にやるか、後に回すかの違いなだけ。これも散々やってきたこと。 後に回せば回すほど同