top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

自分の思い通りにしたい、自分の思い通りじゃなきゃ嫌だ。

この自分の根っこにあるパターンですが、色んなパターンをみていると、最終的にここに行き着くのだと思いました。


認められたいもそう。認められたら人よりも上になれて、自分の思い通りになると思っている節があるし、自分が正しいもそうで、自分の正しさが通れば、人や物事が自分の思い通りになると思っているんです。それはまるで、全て思い通りになることが、良い人生だと勘違いしているのだと思いました。


自然や社会、大きな事件や出来事、それに他人。思い通りにならないことは実は山ほどあって、それを無理に思い通りにしようとするから苦しむのだと思います。変えられないことに抗い続け、エネルギーを消耗し、一人振り回され、変わらない方が悪いと毒吐く。まるで一人相撲です。


そんな自分を見ていると、開示の練習を思い出すんです。


今、○○さんの言った言葉に私のパターンが引っかかりました。

でもそれは○○さんのせいではありません。

私がパターンをケアしてこなかったからです。

これからパターンをケアしていきます。

○○さんありがとうございました。


なぜだか、心がフッと軽くなる。

それまで膠着していた思いがほどける感じです。

だから、それが真理なのだと思う。

最新記事

すべて表示

楽しむということ

昨日は「自分でできる心のケア講座」にご参加下さりありがとうございました。 おひとり様のご参加でしたが、私としては一人でも二人でもご参加頂ければ全力でその方に必要なものをお渡ししていきたいと思っております。その意味ではお一人に集中してお話できたことは、人数ではない、また違った学びもありました。それは丁寧にお話をし、向き合い、そして楽しむということでした。 この講座も回を重ねるごとに自分が慣れてくるの

思い出した

思い出しました。私も散々自分を見るのが嫌だったのを・・・ 自分を見ることにまだ慣れていない頃、自分を見るのが嫌だったんです。 当時の語りかけを引っ張り出すと、そこにはこんなことが書かれていました。 そうだよね、自分を見るのが嫌だと、あなたは思っているんだよね。 なぜならば、自分のダメで嫌な部分は見たくないし、そんな嫌な自分を見たらどうしていいかわからないし、そもそも自分はできていると、あなたは思っ

裁きと許し

自分を見るのが嫌であったり、自分を裁くパターンはきっと、自分のことが嫌いなパターンがそうさせているのだと思います。そのパターンきっと、知らず知らずのうちに自分にレッテルを貼ったり、もしくは自分に対してこうあるべきだと決めつけているので、そうではない自分、もしくはそうなれない自分に対してダメだと思ったり、この自分ではいけないと思い自分に対して裁きを与え、自分を傷つけているのだと思います。 自分に対し

bottom of page