top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

パターンが究極の思い通りにしたいのは、結局自分自身なのだと思います。

それは、理想の自分であり、誰にも負けない自分であり、凄い自分であり、誰もが認める自分。

そうであれば、なんでも思い通りになるし、自分も傷つかないし、嫌なことも起こらない。

だから、自分を思い通りにしたいのだと。


しかし残念ながら、なれるわけがない。

それは幻想であり、本来の自分でもなく、そんな人はどこにもいない。


どんなに立派に見えても、勝ち続けることはないし、嫌う人もいれば、認めない人もいる。

それが現実というものだと思います。


理想の自分になれない自分がダメなのではなく、なれないのが普通なのだと思いました。

無理なことをパターンはやろうとする。きっとそうなれば楽になれると思っているのでしょう。


しかし本質は逆で、◯思い通りの自分じゃなくてもいい。今できることを一つ一つやっていこう。

そう諦めた時に真っ先に思い浮かんだのが、自分の心を整えること。


きっと全てはそこに集約されているのかも。

最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page