• 渡邊 優

パターンが究極の思い通りにしたいのは、結局自分自身なのだと思います。

それは、理想の自分であり、誰にも負けない自分であり、凄い自分であり、誰もが認める自分。

そうであれば、なんでも思い通りになるし、自分も傷つかないし、嫌なことも起こらない。

だから、自分を思い通りにしたいのだと。


しかし残念ながら、なれるわけがない。

それは幻想であり、本来の自分でもなく、そんな人はどこにもいない。


どんなに立派に見えても、勝ち続けることはないし、嫌う人もいれば、認めない人もいる。

それが現実というものだと思います。


理想の自分になれない自分がダメなのではなく、なれないのが普通なのだと思いました。

無理なことをパターンはやろうとする。きっとそうなれば楽になれると思っているのでしょう。


しかし本質は逆で、◯思い通りの自分じゃなくてもいい。今できることを一つ一つやっていこう。

そう諦めた時に真っ先に思い浮かんだのが、自分の心を整えること。


きっと全てはそこに集約されているのかも。

最新記事

すべて表示

喉元過ぎれば熱さ忘れるとは言いますが、本当にそのようで、ワークをして何日かすると、本当に何事もなかったような気分になります。そしてこのワークをするにあたり、ただ自分のパターンをケアするだけではなく、改めて自分のことをちゃんと見つめ、理解し、受け止める。ということだと思いました。 自分を見るというと、最初の頃は自分のあら探しのように悪いところばかりが目につき、自分を見ることに抵抗感を感じていました。

自分を見ていると、自分のパターンのことや特徴がわかってきます。 そしてここがミソなんですが「きっとみんなも同じだろう」という思いも同時にあります。 しかし勉強会やグループで話を聞いていると、決して同じではないことがわかってきます。 人によって全く違う個性があって、取り組んでいる、乗り越えようとしているのもが全く別物なんです。しかし、自分がそうだからきっとみんなも同じだろう・・・これはなんなんだ?と

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で