top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

怒られたくない。

最近起こった出来事に共通するパターンがこれでした。

私はどうも怒っている人だったり、怒りっぽい人が苦手で、そういう人を見ると顔色を伺ったり、怒らせないように気を使うなんてこともしばしばあり、そんなキッカケで、今回このパターンのケアに取り組み始めました。


このパターンに取り組み始めて思ったことは、怒られたくないと思っていると、自分も怒らないようにするし、他人が怒るようなことも言わなくなるし(例え相手のためであっても)怒られないよう、怒られて自分が傷つかないようにと保身に磨きがかかります。そしてパターンは怒られると、傷つき、凹み、立ち直れなくなると思っているので、他人が怖くもなります。そうやって自分を守っていると言えば聞こえはいいのですが、保身には自分の殻を破る力はないので、どうしても停滞感を感じ、良い感覚ではありません。なのでここは絶対に超えていきたいところ。超えて「怒られてもいい」を選びたいのです。怒られても自分のためであればそのまま受け取りたいし、他人に対しても、怒られてもいいから、本当の事を伝えていきたい。

そこには自由や解放感、そして強い憧れがあります。


怒ると叱るの違いがつかないくらいパターンが育ってしまったので、しばらくケアして、次のステップに進んでいきます。

最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

Komentáře


Komentáře byly vypnuty.
bottom of page