top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

怒られることってあります?私は、まぁ、あります。しかもちょくちょくと。はい、50手前で。(笑

そして最近、この怒られる関係のパターンを発見しました。

その名も、「怒られたくない」

このパターンって、普通に持っている人は多いのではないのかな〜と思うのです。特に男性で言い訳の多い方に。

私のパターンの場合は、怒られると自信を無くすし、傷つくし、気持ちが沈んで気持ち良く楽しめないと言います。平たく言えば、思い通りな気持ちいいことを言ってもらいたいんだなと思いました。


パターンの望む言動って、たとえ表面的であってもその場で高揚感を得られたり、優越感を得られたりするものだったりします。しかしここに落とし穴が・・・表面的な言葉には相手の為を心底思って出る言葉ではないと思うのです。それは嫌われたくないや、波風を立てたくない、いい人だと思われたいという、結局自分のためから出ている言葉だったりします。しかもそういった「あなたの為を思って〜♪」的な言葉には不自然さが伴います。


ただ自分の主張を述べている怒りと、私を正そうとしてくれている語尾の強さは全く違っていて、やっとその違いをこの「怒られたくない」というパターンから学べたような気がしました。


ありがとう「怒られたくない」パターンよ!



最新記事

すべて表示

楽しむということ

昨日は「自分でできる心のケア講座」にご参加下さりありがとうございました。 おひとり様のご参加でしたが、私としては一人でも二人でもご参加頂ければ全力でその方に必要なものをお渡ししていきたいと思っております。その意味ではお一人に集中してお話できたことは、人数ではない、また違った学びもありました。それは丁寧にお話をし、向き合い、そして楽しむということでした。 この講座も回を重ねるごとに自分が慣れてくるの

思い出した

思い出しました。私も散々自分を見るのが嫌だったのを・・・ 自分を見ることにまだ慣れていない頃、自分を見るのが嫌だったんです。 当時の語りかけを引っ張り出すと、そこにはこんなことが書かれていました。 そうだよね、自分を見るのが嫌だと、あなたは思っているんだよね。 なぜならば、自分のダメで嫌な部分は見たくないし、そんな嫌な自分を見たらどうしていいかわからないし、そもそも自分はできていると、あなたは思っ

裁きと許し

自分を見るのが嫌であったり、自分を裁くパターンはきっと、自分のことが嫌いなパターンがそうさせているのだと思います。そのパターンきっと、知らず知らずのうちに自分にレッテルを貼ったり、もしくは自分に対してこうあるべきだと決めつけているので、そうではない自分、もしくはそうなれない自分に対してダメだと思ったり、この自分ではいけないと思い自分に対して裁きを与え、自分を傷つけているのだと思います。 自分に対し

bottom of page