top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

最近自分の弱さを痛感しています。

プライドという鎧を下ろすと、自分の弱さに気がつくんです。それは、弱さを隠すためにプライドという鎧で自分を守り、弱さがバレたくないために、必要以上に自分を大きく見せたりしていた自分にです。


しかしそれらは全てハッタリで、決して強いわけではなく、弱さゆえの防御であった自分に気が付きます。今まではそんな弱い自分を認められず、許せずに、弱いことはダメなことだと決めつけていたんですね。


プライドから降りて、弱い自分と向き合いはじめると、他人との付き合い方が変わってくるのが分かります。具体的には、勝ち負けに拘らなくなり、自ら頭を下げたり、自分から折れるということが容易になりました。また少しばかりですが、相手の気持ちも分かるようになりました。きっとこんな気持ちだったんだろうなと。


俺様やプライドというパターンから降りたり、弱さと向き合ったりと、毎日が選択の連続ですが、今まさしく私は学んでいるのだと思います。生きるという本当の学びを。

最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page