top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

パターンの中でも一番下にあって、どっしりと居座り、俺様と言わんばかりの黒パターン。それが、私のプライドというパターンです。


このパターンへの語りかけを続けていますが、今までどれほどプライドを大事に、そして支えにして生きてきたかが伺えます。

本当は何もない自分、ただ普通の自分を認めたくないために、プライドという鎧で自分を守り、固め、そしてそれはいつしか、それがないと自分を支えられないほどの存在へと大きくなってしまったのです。


プライドとは、私の今までの経歴、そこで培ってきた自分の正しさ、名声、成功、はたまた虚勢、このように様々なものが混ざり合って、私のプライドは形成されています。

しかし実のところ、経歴や名声、成功、虚勢などを取っ払った時、何もない自分が残ります。本当の弱くて何もない自分です。その自分では生きていけない、この社会を戦っていけないと、自分を守るために培ってきた強固な鎧、それがプライドです。しかしそれは幻想でもあります。私という人間がどういう人間か、どんな性格なのかとは全く関係がありません。それほどプライドとは、自分ではないものになろうとします。それはプライドが認める自分です。つまり、幻想の自分です。

幻想の自分=理想の自分を求めると辛いです。それは本当の自分ではないですからね。


もうプライドを支えにするのはやめよう。

時間はかかるけれど、いつか、そのままの自分でいいと思えるようになるから。

だからもう、プライドを支えにして生きるのはやめよう。


許しという安心感や広がり、自由を携えて、今日もプライドに頼らずに生きていこうと思います。

最新記事

すべて表示

楽しむということ

昨日は「自分でできる心のケア講座」にご参加下さりありがとうございました。 おひとり様のご参加でしたが、私としては一人でも二人でもご参加頂ければ全力でその方に必要なものをお渡ししていきたいと思っております。その意味ではお一人に集中してお話できたことは、人数ではない、また違った学びもありました。それは丁寧にお話をし、向き合い、そして楽しむということでした。 この講座も回を重ねるごとに自分が慣れてくるの

思い出した

思い出しました。私も散々自分を見るのが嫌だったのを・・・ 自分を見ることにまだ慣れていない頃、自分を見るのが嫌だったんです。 当時の語りかけを引っ張り出すと、そこにはこんなことが書かれていました。 そうだよね、自分を見るのが嫌だと、あなたは思っているんだよね。 なぜならば、自分のダメで嫌な部分は見たくないし、そんな嫌な自分を見たらどうしていいかわからないし、そもそも自分はできていると、あなたは思っ

裁きと許し

自分を見るのが嫌であったり、自分を裁くパターンはきっと、自分のことが嫌いなパターンがそうさせているのだと思います。そのパターンきっと、知らず知らずのうちに自分にレッテルを貼ったり、もしくは自分に対してこうあるべきだと決めつけているので、そうではない自分、もしくはそうなれない自分に対してダメだと思ったり、この自分ではいけないと思い自分に対して裁きを与え、自分を傷つけているのだと思います。 自分に対し

bottom of page