• 渡邊 優

最近、平凡でいい、普通でいい、というこの領域が、非常に気持ちが良くて、居心地がいいです。

特に、「カウンセラー」という肩書きを持っていると、何か気負いを感じて、”カウンセラーらしい”ことを書かないと・・・とか、”カウンセラーらしい”気づきや癒しを与えられないと・・・と、そんな風に思っていたのです。それほどまでに、カウンセラーというものを普通と捉えていなかったのです。

これは私の「カウンセラー」という意味づけが、まるで聖者のような意味づけに偏っていたのが原因です。


カウンセラーといえども普通の人間です。腹が立ってムカつく時もあれば、不安や恐れを抱くときもあります。そういった平凡で普通な人間でいい。

だから「平凡や普通」という新たな意味づけに解放感や自由を感じるのだと思います。


今思い返すと、あらゆることに「平凡とか普通」を自分に許していなかったのだと思う。

それは、強くならなければ、立派にならねば、一つ頭出なければ、負けてはいけない、優しくなければ、穏やかでいなければ、冷静でいなければ、と、自分ではない何かになろうと努力し、プレッシャーを与えていたのだと思う。だからとっても苦しかったです。


しかし今なら少し分かる気がします。カウンセラーというのは一番普通で、平凡な人種なのかもしれないと。



最新記事

すべて表示

今の自分の課題ですが、もっと他人に対して愛を持って接していきたい・・と思っています。 それは今までとは違う自分です。今までは自分のことだけをやってきました。自分のために自分の声を聞いて、パターンのケアをして、自分を理解して、自分を許してと・・それはそれで続けていくのですが、他人に対しても愛が持てるようになりたいと思ったんです。 物事に対してや、他人の感じていること、他人の問題に対して、何処か他人事

セミナー2日間が終わり、今消化しながら少しづつ自分の中に落とし込んでいます。 個人的な課題もさることながら、やるべきこと、手放していくこと、それらは満載のように思いました。 今という時代が変化、変動をしているとき、自分も変わっていかなければならないと思います。しかもスピード感を持って。 そこで自分の弊害となってくるのが、今までのままでいい、変わりたくない、変えたくない、という黒パターンの声です。今

外側から派生して自分の中で起こること、腹立たしさや苛立ち、悔しさ、なんとも言えないもどかしさ、分かってもらえない苦しさ、受け入れてもらえなかった悲しみ、嫌われた寂しさ、一人きりの惨めさ、そんな自分の中に沸き起こる全てのことを自分で引き受けていく。そのことを改めて実感するセミナー1日目でした。 なぜ引き受けなければいけないのか・・ 引き受けないでいると、 寂しさに耐えられずに、他人を利用して自分の側