top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

自分の中に許せないものがあり、それを差別していると、他人の中にそれと同じものを見た時、同じように許せなくなるのだと思いました。それがいわゆる、引っかかるという現象だと思います。


例えば自分自身に、こうあってはいけない、こうあるべきだと自分のパターンを抑圧し、差別していると、他人の中にも同じものを見たときに、こうあるべきと思い、不快感を抱きます。自分にしているジャッジを、他人にもするようになるんです。それは他人の問題ではく、自分の中で起こっている投影を他人にしているのです。つまりは、他人のせいではなく自分の問題です。

他人が悪いのではなく、自分の中に差別があることが、そうさせているのだと気が付きました。


そしてやるべき事は、自分の中に対する差別をなくしていくこと。それが回り回って、他を理解し受け入れる一歩になるのだと思います。自分にしている事は他人にもする。こういうことにももっと、気づいていきたいと思いました。

そのためには自分の中のパターンをちゃんとケアして、許す状態でいないと、他人のパターンも許せないのだと思う。そういう意味でも、パターンのケアはちゃんとしておかなければいけないのだと思います。それは自分のためでもあり、他のためでもある。

最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

Komentáře


Komentáře byly vypnuty.
bottom of page