• 渡邊 優

昨日はバレエのレッスン日でした。

コロナの影響もあり、年配の方達はまだ完全には戻ってきていません。

そんな中、少しづつ新たな方も加わって、気付けばレッスンの前方にいる古株へと変化していました。

(後ろから見られるの照れ臭い!)


そうか・・・もう三年目なんだ。。。

自分の中では普通に定着したバレエですが、他人に、明日はバレエのレッスンだから、と話すと (´⊙ω⊙`) な顔となり、ど、ど、どうゆうこと?と聞かれ、クラッシックバレエのレッスンなんだよ。と教えると(゚д゚lll)ってな顔になり、そして会話が終了します。それ以上聞いちゃいけないと思っているのかな??


今ではこのバレエ、何のためにやっているのかというと、強くなるため。そして、面白いから!

この二つです。バレエの面白さは、とにかく美しい!あんな風に美しく踊れるようになりたい!そして一つ一つの所作も美しくなる。心も美しく見える。それが面白さへと変化しています。


そしてもう一つの理由、強くなるためは、始めた当初、恥をいっぱいかいて、惨めな気持ちにもなって、情けなくもなって(全てパターンですが)そんな自分のプライドを壊していきたい。そうゆう強さが欲しい。そう思って強くなりたいと思っていました。しかし今はと問うと、恥をかくのも全く問題ないし、惨めになるのも全然いい。恥をかくことも、惨めになることも、それが弱いことだと思わなくなってきたんですね。


そんな沢山のことを学んで、少しづつ古株になってきています。

できうるところまで、バレエは続けていきたい、そう思っています。


最新記事

すべて表示

秋の味覚

やっと秋らしい気候になってきました。 朝夕は肌寒く、日中は暖かく、クーラーも暖房も入れずに夜はぐっすり眠れて、空気も澄んで気持ちいい秋のこの時期が私は一番好きです。 人によって春が好き、夏が好き、もしくは冬が好きって方もいますね。それぞれの好みがあって好きなところも違う。そんな話を聞いていると、何となくその人の個性が現れていていいな、と思います。 私にとってはこの秋ど本命の、江ノ島の秋イカのシーズ

覚悟を育てる

最近よくパターンが騒ぎそうな時に、覚悟を意識しています。 嫌われるかもしれない、怒られるかもしれない、責められるかもしれない、一人になってしまうかもしれない、そんなパターンが騒ぎそうになって、保身に走りそうになる時に、もう嫌われる、怒られる、責められるかもしれない覚悟を持とう、一人でも生きていける覚悟を持とうと、あらゆることに対して覚悟を持つ、ということを意識しています。白黒ワークでも覚悟をキーワ

決めつけからの解放

白パターンを選んだ時、その白の状態にある時、今までとは違う、目が覚めてきているような感覚があります。無意識に選んできた黒パターンの状態は、それはそれはごく普通に、今まで通りに、それほど自分に定着しているのがよくわかります。寧ろこちらの方が馴染んでいる。 しかし、新たな白パターンを選んで行くうちに、あれ?今までの黒の感覚は何だったんだ?こうだ!と決めつけていて、そこの黒パターンの世界にどっぷりとハマ