• 渡邊 優

人の心のこと、精神のこと、そういったこの学びを初めてしばらくの頃私は、完璧な自分を求めていました。それはいつ何時でも穏やかで、誰にでも優しく、朗らかで、暖かく、キラキラしていて、健康で、ポジティブで、完璧な自分。きっと、本当の「私」というものにそういったイメージを抱いていたんだと思います。しかし今はどうかというと、そこに違和感を感じます。そんな人間いないって。


人間だから腹が立つ時もあれば、憎たらしいと思う時もある、寂しさを感じる時もあれば、悔しくてしょうがない時もある、妬み根性やひがみ根性も併せ持ち、失敗をして恥をかいて、惨めに感じて情けなくなる時もある。私は今それでいいと思っています。むしろそこからしか学べないと。


しかし以前はそれがあることを受け入れられませんでした。

だからネガティブなものを持っている自分を嫌だと思っていたし、他人からのジャッジも怖かった。

パターンがイメージする完璧になれば誰からも愛されて認められ、自分を肯定できると思っていたんです。だからそれを求めていました。違和感につながるとは知らずに。


そもままの自分でいいというのは、清濁併せ持つそのままの自分でいいとようやく分かりました。

あの陰陽マークのように。


今頃になってようやく気づく、黒白両方の大切さ。

学びを深めていきたい。そう思うのでした。

最新記事

すべて表示

先祖にお祈りをする際、状況がキツイ時や迷っている時など、よく助けて!どっちに行ったらいい?と問いかけていました。それは、こちらからのお願いという祈りだったのです。しかしその返事はあるわけも無く、なんとなく惰性で自分で決めてきました。で、最近思ったのが、祈りの基本は感謝だよね、というものです。 今私が生きていられるのは先祖がいたからこそです。その血を受け継いで、今この肉体が存在しています。そして天や

『私のマントラ』 今、〜さんの言った言葉に私のパターンが引っかかりました。 しかしそれは、〜さんのせいではありません。 私が自分のパターンをケアしていなかったからです。 これから、そのパターンをケアしていきます。 〜さん、ありがとうございました。 あんなこと言われたくなかった、こんな扱いされたくなかった、色んなパターンに引っかかった際、私はまず最初に、このマントラを唱えます。 そしてとても不思議な

「嫌なことがないと人は成長しない・・」 先日の2日間のセミナー後、食事の際に先生が言った言葉です。 自分のことを思い返しても、成長してきた場面は常に嫌なことがありました。嫌なことがあって初めて自分と向き合い、パターンを見つけて語りかけをし、白黒ワークで白パターンを選んで実践していく。その過程では、未熟な今の自分を知り、反省する過程もあります。そんな自分を許しながら、人は成長するのだと思いました。