top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

人の心のこと、精神のこと、そういったこの学びを初めてしばらくの頃私は、完璧な自分を求めていました。それはいつ何時でも穏やかで、誰にでも優しく、朗らかで、暖かく、キラキラしていて、健康で、ポジティブで、完璧な自分。きっと、本当の「私」というものにそういったイメージを抱いていたんだと思います。しかし今はどうかというと、そこに違和感を感じます。そんな人間いないって。


人間だから腹が立つ時もあれば、憎たらしいと思う時もある、寂しさを感じる時もあれば、悔しくてしょうがない時もある、妬み根性やひがみ根性も併せ持ち、失敗をして恥をかいて、惨めに感じて情けなくなる時もある。私は今それでいいと思っています。むしろそこからしか学べないと。


しかし以前はそれがあることを受け入れられませんでした。

だからネガティブなものを持っている自分を嫌だと思っていたし、他人からのジャッジも怖かった。

パターンがイメージする完璧になれば誰からも愛されて認められ、自分を肯定できると思っていたんです。だからそれを求めていました。違和感につながるとは知らずに。


そもままの自分でいいというのは、清濁併せ持つそのままの自分でいいとようやく分かりました。

あの陰陽マークのように。


今頃になってようやく気づく、黒白両方の大切さ。

学びを深めていきたい。そう思うのでした。

最新記事

すべて表示

自分に責任を持つ

自分に責任を持つって、苦手でした。なんだか罰ゲームのように何かを課せられているような、失敗できないような、そして自分に自信もなかったので、自分の行動や考えに責任を持つのが怖かったのです。そして最近思うのは、責任を持つも何も、そういう風にできているんじゃないか?という事です。 自分の考えには相応の答えを、自分の行動にも相応の答えを宇宙は与えるのだと思います。そして自分自身にも、自分の考えや思いには、

もっと気楽に

自分を観察しているとついつい厳しい目で自分をジャッジしてしまいます。それだけパターンに対してまだまだ負のイメージが私は強いのだと思いました。 そもそもパターンは誰もが持っていて当たり前のもの。だからワークも、自分を見ることも、もっと気楽に淡々とやっていいのだと思いました。 むしろ深刻にすればするほどワークに重さがでてきてしまいますし、自分を見る目も「ぐぬぬぬ〜!」どこか力が入って見ています。だから

bottom of page