top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

この勉強、学びをすることによって、完璧な自分になることを知らず知らずのうちに求めていました。


それは高い精神性を持ち、いつでも穏やかで、誰にでも優しく朗らかに、ポジティブな意見や考え方しかなく、ネガティブな感情は持ち合わせず、強くて、心が広くて寛大で、頭脳明瞭、心は聡明で、清楚で透明感溢れ、誰からも称賛され、愛し愛されるそんな存在。


ここまで書いてきて、流石にそんな人はいないって分かります。

ではなぜそんなありもしない完璧な自分を求めてしまうのか。


そんな完璧な自分であれば、安心出来るとパターンは思っているからなんです。未熟で、弱く、流されやすい、そんな自分を忌み嫌い、責めることで、そんな自責の苦しさから解放させてくれる存在を、パターンは求めているんです。


でも前述のとおり、そんな人はいない。

であれば、そんな完璧ではない未熟な自分を許していくことから始めるしかないんだという思いに至りました。


あらゆるパターンを許した先にきっと何かあるんだろう。

気付いたところから少しづつでいい、もっと自分を許していこうと。



最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page