• 渡邊 優

この勉強、学びをすることによって、完璧な自分になることを知らず知らずのうちに求めていました。


それは高い精神性を持ち、いつでも穏やかで、誰にでも優しく朗らかに、ポジティブな意見や考え方しかなく、ネガティブな感情は持ち合わせず、強くて、心が広くて寛大で、頭脳明瞭、心は聡明で、清楚で透明感溢れ、誰からも称賛され、愛し愛されるそんな存在。


ここまで書いてきて、流石にそんな人はいないって分かります。

ではなぜそんなありもしない完璧な自分を求めてしまうのか。


そんな完璧な自分であれば、安心出来るとパターンは思っているからなんです。未熟で、弱く、流されやすい、そんな自分を忌み嫌い、責めることで、そんな自責の苦しさから解放させてくれる存在を、パターンは求めているんです。


でも前述のとおり、そんな人はいない。

であれば、そんな完璧ではない未熟な自分を許していくことから始めるしかないんだという思いに至りました。


あらゆるパターンを許した先にきっと何かあるんだろう。

気付いたところから少しづつでいい、もっと自分を許していこうと。



最新記事

すべて表示

オリンピック

呪われたオリンピックと揶揄されていますが、私は以前から東京オリンピックを楽しみにしていました。特に今回から正式種目となったサーフィンを毎日楽しく観戦しています。 しかし世界の若いトッププロはどんな舞台においてもニコニコしていて、楽しそうに演技をしています。肩の力も抜けて、本来の自分のパフォーマンスが出せているのが見ているこちらにも分かります。 しかし日本代表はどこか気合が入りすぎて顔が怖い・・・

今周りにあるもの

今周りにあるものは、全てミームを上げるためにあるもの。 言い方を変えれば、全て自分の成長のためのもの。 一見嫌なこと、面倒臭いこと、不快なこと、腹が立つこと、そんなパターンがどうしようもなく騒ぐ出来事。そういったもの全てが、階段を登るために必要なもの。 そうすると無駄なものなど何一つなく、全てにおいて、パターンであればケアしていけばいいし、新たな白パターンに挑戦していけばいい。 自分のことになると

今か後か

見たくない、見ようとしない、なぜならもうそれ以上傷つきたくないから。 自分を見るとき、中々目を向けられずにいるときは、大体このような時が多いです。 しかし残念ながら、前に進むには自分を見て、理解し、受け入れていくほかありません。 その時はキツく、苦しくても、先々自分のためになる、ということだけは分かるのですから。 先にやるか、後に回すかの違いなだけ。これも散々やってきたこと。 後に回せば回すほど同