• 渡邊 優

この勉強、学びをすることによって、完璧な自分になることを知らず知らずのうちに求めていました。


それは高い精神性を持ち、いつでも穏やかで、誰にでも優しく朗らかに、ポジティブな意見や考え方しかなく、ネガティブな感情は持ち合わせず、強くて、心が広くて寛大で、頭脳明瞭、心は聡明で、清楚で透明感溢れ、誰からも称賛され、愛し愛されるそんな存在。


ここまで書いてきて、流石にそんな人はいないって分かります。

ではなぜそんなありもしない完璧な自分を求めてしまうのか。


そんな完璧な自分であれば、安心出来るとパターンは思っているからなんです。未熟で、弱く、流されやすい、そんな自分を忌み嫌い、責めることで、そんな自責の苦しさから解放させてくれる存在を、パターンは求めているんです。


でも前述のとおり、そんな人はいない。

であれば、そんな完璧ではない未熟な自分を許していくことから始めるしかないんだという思いに至りました。


あらゆるパターンを許した先にきっと何かあるんだろう。

気付いたところから少しづつでいい、もっと自分を許していこうと。



最新記事

すべて表示

セミナー一日目が終わりました。 まだ一日ですが、すでに一年分学んだ気分です!笑 私のヒットしたテーマとしては、鎧を脱ごう!というもの。 そもそもここで言う鎧とは、プライドだったり、保身だったり被害者意識や特権意識です。 それらの鎧は人を停滞させてしまう。 プライドは自分を特別扱いして自分を守り、特権意識は安住の地にいて問題から自分を遠ざけ、被害者意識は甘えを産んでしまう。それらを停滞と呼ばずしてな

今日はこれから魂の道場、茅ヶ崎セミナーです。 年内最後のセミナー、今年自分はどうだったか。そんなことを自問自答しながら、セミナー会場まで向かおうと思います。 ここ最近ヒョンなことから自分の核というべきパターンを発見し、それに翻弄されたり、はたまた冷静に対処出来たりと、そんな新たな課題に取り組み始め、来年に向けての助走が始まっている気がします。その辺りも含め、今回のセミナーでは教えてもらおうと思いま

結局のところ、全ての自分を認めるしかないのだと思いました。 俺様というパターンがあり、プライドもある自分。それを受け入れ、認めていくことからしか前に進めないのだと思います。 認められない間はずーっとパターンが燻り、ストレスと息苦しさを感じます。しかし、もう認めるしかないと諦めた瞬間から、肩の荷が降りて、ほんの少し、身軽になります。 自分の中で行われている一人相撲・・・ 理想を求めている自分と、現実