• 渡邊 優

「発電所をひとつ守ってきたよ!」

私の友人は東○電力に勤めており、先の台風でも千葉へ出張して電力の回復に努めていました。

その友人が先日海の中で発した言葉です。

自慢や過信ではなく、子供のように、

「発電所をひとつ守ってきたよ!」と誇らしげな笑顔で言った彼の顔からは、仕事に対する誇りや自信を感じられました。

それがすごくカッコ良く見えたのです。


聞くところによると、今回の台風に向けて対策を施してきたのだと言います。


彼にも当然仕事が嫌だと思う時もあると思いますし、辛く苦しい時もあると思います。

そんな中から堂々と出てきた言葉に、感動すら覚えました。


仕事というものを、誰もがそのように誇りや自信に変えられたら、どれだけの人が仕事から救われるのだろう。

そんなことを考えさせられたのです。


その友人のおかげで電気が守られる、私たちが安心して生活ができる。


仕事というものはこうして、回りまわって見えない誰かを支えていたり、また本人自身を支えているのだなと思ったのです。


ホントにカッコ良かった!




最新記事

すべて表示

昨日は皆さんの近況、私の近況を通して自分自身を開示し、そこから派生する新たな気づきや学びをしていました。 しかしこの「開示」というもの、普段の生活では滅多にお目にかかることはありません。 それはきっと、自分の内側を見せるということが「弱さや負け」という意味づけに繋がっているからだと思います。それは他人の内側を見たときに、無意識のうちに自分と比較して、自分の方が優っている、劣っていると解釈し、自分の

今日はこれから魂の道場、岩手グループ、沖縄グループ、茅ヶ崎グループ、また個人で道場に通っている方達が一同に会したセミナーがあります。 ここ何年かコロナウイルスの影響もあり、他のグループに出席して皆さんの顔見ることもありませんでしたが、本日やっと、皆さんの元気なお顔を拝見できます。 お会いしていなかった間、それぞれの時間をこの学びに費やし、色々な経験のもとで皆さんが学んできたかと思われると感慨深いも

一人になりたくない・・ という、もう遠い遠い前世から引き継いでいるような強固な黒パターンに語りかけ、そのパターンの中に浸っていると、誰かに守ってもらいたい、助けてもらいたい、という強い思いを感じます。 このパターンは、誰かに守られていたら、自分に自信を持てる、自分に価値も持てて、他人の目も気にせず、強い自己肯定感を持って生きていかれる。 だから、誰かに守ってもらいたい、助けてもらいたい、そう叫んで