• 渡邊 優

面白そうな本を見つけました。宇宙からの帰還 著、立花隆。

この本の冒頭にこんな事が書かれています。


「宇宙とは、地球とは、神とは、人間とはなにか。

宇宙飛行士の衝撃に満ちた内的体験を徹底した取材と卓越したインタビューによって鮮やかに描き、知的興奮と劇的感動をよぶ壮大な精神のドラマ。」


この内的体験に一体何が起こっているのか非常に興味が湧きます。私たちが日々行っているワークも内的な事柄がメインです。何が嫌だったのか、そしてどんな感情が湧いたのか。そんなワークをしていくうちに安心感や安らぎを感じたりという内的体験をするのですが、こればかりは体験しないとわからない内側の出来事なのです。


そんな内的体験を宇宙空間という特殊な場所を舞台にしたドラマ。

冒頭からメチャクチャ惹かれる内容で楽しみで仕方がないです。

最新記事

すべて表示

先祖にお祈りをする際、状況がキツイ時や迷っている時など、よく助けて!どっちに行ったらいい?と問いかけていました。それは、こちらからのお願いという祈りだったのです。しかしその返事はあるわけも無く、なんとなく惰性で自分で決めてきました。で、最近思ったのが、祈りの基本は感謝だよね、というものです。 今私が生きていられるのは先祖がいたからこそです。その血を受け継いで、今この肉体が存在しています。そして天や

『私のマントラ』 今、〜さんの言った言葉に私のパターンが引っかかりました。 しかしそれは、〜さんのせいではありません。 私が自分のパターンをケアしていなかったからです。 これから、そのパターンをケアしていきます。 〜さん、ありがとうございました。 あんなこと言われたくなかった、こんな扱いされたくなかった、色んなパターンに引っかかった際、私はまず最初に、このマントラを唱えます。 そしてとても不思議な

「嫌なことがないと人は成長しない・・」 先日の2日間のセミナー後、食事の際に先生が言った言葉です。 自分のことを思い返しても、成長してきた場面は常に嫌なことがありました。嫌なことがあって初めて自分と向き合い、パターンを見つけて語りかけをし、白黒ワークで白パターンを選んで実践していく。その過程では、未熟な今の自分を知り、反省する過程もあります。そんな自分を許しながら、人は成長するのだと思いました。