top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

面白そうな本を見つけました。宇宙からの帰還 著、立花隆。

この本の冒頭にこんな事が書かれています。


「宇宙とは、地球とは、神とは、人間とはなにか。

宇宙飛行士の衝撃に満ちた内的体験を徹底した取材と卓越したインタビューによって鮮やかに描き、知的興奮と劇的感動をよぶ壮大な精神のドラマ。」


この内的体験に一体何が起こっているのか非常に興味が湧きます。私たちが日々行っているワークも内的な事柄がメインです。何が嫌だったのか、そしてどんな感情が湧いたのか。そんなワークをしていくうちに安心感や安らぎを感じたりという内的体験をするのですが、こればかりは体験しないとわからない内側の出来事なのです。


そんな内的体験を宇宙空間という特殊な場所を舞台にしたドラマ。

冒頭からメチャクチャ惹かれる内容で楽しみで仕方がないです。

最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page