top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

この学びをしていなかったら・・

今回のセミナーで聞かれたことです。そのことについてじっくり考えたことはなかったのですが、もしこの学びをしていなかったら、私は相当ハードな人生を送っていたと思います。


いつまでも嫌だったことをずーっと考え、他人に囚われ、怒りとストレスを溜め込み、競争に明け暮れ、勝ち負けで一喜一憂し、常に戦い、そして病気になっていたと思います。それでも問題に気づかずに、相変わらず周りが変わればいいと信じて、心の中で他人を責め、ストレスを溜め込むという同じことをくり返していたと思うのです。


自分で自分の内側のケアをすることを覚えてから、ここは随分と楽になったと思います。

そういう意味では、本当にありがたいことです。


そしてここからが新たなフェーズ。

それを持って自分はどう在りたいのか、そこに焦点を当てることが重要だと教えられたセミナーでした。


まだまだ道の途中、この終わりのない学びの道ですが、大切なのは結果を求めずに、プロセスを大事にすることだと思いました。そのプロセスとは、もしかしたら私からしたら大変なことかもしれません。しかしどんなプロセスでも、今自分に必要なことだと理解し、受け止める勇気が必要なのだと思いました。


そんなことを考えさせられる新たな学びであり、勇気がとても大事だとリマインドさせられます。



最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Comments


bottom of page