top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

パターンはよく子供のようだと言われます。

私の黒パターンを見ていても本当にそう思います。

思い通りにならないと不貞腐れるし、腹を立てて文句も言うし、怒ってなんとか自分の思い通りに物事を進めようとします。


そしてもう一つ、これは大人になってからできた黒パターンだと思うのですが、それが、「こんな自分ではダメ」という黒パターンです。

上記の子供のようなパターンに対して、そんな風に思ってはいけない、それは社会人らしくない、大人気ないからダメだと、学級委員のような、優等生を気取る黒パターンです。


この二つが同時に出たりするので少々複雑になります。

でもこの二つの黒パターンには共通点があります。

それが、外側を思い通りにしようとしているのか、自分を思い通りにしようとしているのかという、思い通りにしようとしている対象が違うだけで、思い通りにしたい!という思いは同じなんです。

ここが、子供のように感じる部分です。


そんな自分の中にある子供たちに対して、理解という愛を持って接していけたら、また良い子になるんだろうな〜と思います。

それが本来の子供だから。本来の純粋な子供になるのかもしれないと思いました。

最新記事

すべて表示

自分に責任を持つ

自分に責任を持つって、苦手でした。なんだか罰ゲームのように何かを課せられているような、失敗できないような、そして自分に自信もなかったので、自分の行動や考えに責任を持つのが怖かったのです。そして最近思うのは、責任を持つも何も、そういう風にできているんじゃないか?という事です。 自分の考えには相応の答えを、自分の行動にも相応の答えを宇宙は与えるのだと思います。そして自分自身にも、自分の考えや思いには、

もっと気楽に

自分を観察しているとついつい厳しい目で自分をジャッジしてしまいます。それだけパターンに対してまだまだ負のイメージが私は強いのだと思いました。 そもそもパターンは誰もが持っていて当たり前のもの。だからワークも、自分を見ることも、もっと気楽に淡々とやっていいのだと思いました。 むしろ深刻にすればするほどワークに重さがでてきてしまいますし、自分を見る目も「ぐぬぬぬ〜!」どこか力が入って見ています。だから

bottom of page