top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

自分が嫌な思いをしていい、嫌われてもいい、馬鹿にされてもいい、傷ついてもいい、その覚悟が必要なのだと思います。きっとこれは、生きてく上で大事なことかもしれません。

例え嫌な思いをしてパターンが暴れたとしても、腹を括って覚悟をもつ、それを持つだけで自分に対するある種の信頼や(傷ついても自分でケアできる)、強さや底力を感じられます。


自分が嫌な思いをしていい、傷ついてもいいなんて、正直、今までその発想すらありませんでした。

嫌な思いをすることや、傷つくようなことから自然と避けてもいましたし、自らそれでもいいと思おうなんて、まあ、土台無理なことと決めていました。


しかし、嫌な思いをしていい、傷ついてもいい、それを毎日マントラのようにして唱えていると、ほんの少しづつですが、覚悟が芽生えてくるのがわかります。それは他人との関係において表面的な装いではなく、本気で向き合う覚悟や、自分をさらけ出す覚悟、それに対するどんな反応でも受け止める覚悟が育っていくのだと思いました。


覚悟を持つ。覚悟を育てる。

そのためには、自分が最も嫌なことから目を背けずに、引き受けていく覚悟を持つことが最短なのだと思います。

最新記事

すべて表示

努力

努力について・・・ 努力している、頑張っている、感を出す人が苦手・・というパターンがあります。 なぜなら、努力は人に見せるものでもないし、一人でやるものだからです。だから妙に頑張っている感をアピールする人が私は苦手なんですね。 ですがこれ、私の哲学にも通じている部分があって、もう随分昔に先輩から教わったことなんです。 その先輩はこんなことを言っていました。 ゆたか、努力はな、ウンコと一緒だ。 「何

傷つくということ

私には「傷つくのが怖い」という大きなパターンがあります。 なぜならば、身も心もボロボロになって、暗闇の中に堕ちるし、立ち直れなくなって、生きていけないから、というものです。このパターンが強いと恐怖と不安が優ってしまい、なかなか勇気ある行動が取れません。それは対人関係で、自分の思ったことや感じたことを素直に言えなかったりします。余計なことを言って怒られたり傷つくのが怖いんですね。 そんな「傷つく」と

怒られる

私はこの歳になって、ピアノの先生やカウンセリングを習っている先生から怒られることがあります。 そして、怒られるのが非常に苦手でもあります。それは、自分はできていると思っているからあれこれ言われたくもないし、自分は正しいと思っているから否定されたくもないわけです。そしてプライドもあるので、あんまり本当のことを言われるとプライドが壊れてしまうとも思っています。そんなわけで、私のパターンは怒られることが

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page