top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

誰かが嫌いだと思う時、それが相手のせいなのか、もしくは自分の問題なのかで取り組み方が大きく変わると思います。

相手のせいだと思う時、その怒りの刃は相手へと向き、なかなか収まらないどころか日増しに大きくなっていく気がします。ですが自分の問題として受け止めた時、怒りは外に向けて暴れ回るものではなく、あるべき場所に収まる気がします。きっとパターンはちゃんと私に受け止めてもらいたい、そう願っているのではないかと思いました。


私も誰かが嫌だと思った時、散々愚痴を言い、それこそ悪口を言い、いっときはスッキリして安堵しました。誰かに分かってもらうことで安心するのもわかります。ですがそれは根本的な解決にはならずに、時間が経って、また似たような場面が起こればその人に問題があると決めつけて、その人を悪者にします。パターンの性質上、自分の問題として受け止めることはできないのだと思いました。


相手の問題ではなく、自分の中で起こっていることとして責任を持ち、それがパターンの言い分であると受け止めて、パターンを癒していく。これができるのが、私しかいないのだと思うんです。


ここでもどちらが主人なのか、それを主人側が把握することが大事だと思いました。

私は主人側で在りたいし、それが本来のあるべき姿だと思います。

そのために、今日を大事にしていこうと思います。

最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Comments


bottom of page