top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

久しぶりに、この手のオッサン嫌いだわ〜って方に出会いました。

なぜ嫌いなのかな?と考えると、人の話を聴かない、勝手に決めつけてくる、自分に酔っている、高みの見物していて偉そう、しかもそれがカウンセラーだった。ってところが一番引っかかったところでした。


パターンは騒ぐ騒ぐ、カウンセラーだったら人の話ぐらい聴けよ!決めつけて来んなよ!自分に酔ってんじゃねーよ!うぜーよ!って。


ひとしきりワークをやった後、思ったことは、自分はそうならないように反面教師にしていこう、というものでした。


色々なところで色んな方に会うというのも、パターンが騒ぐ反面、理解すること、共感すること、受容すること、そういったことの大切さに改めて気付かされます。


外に出て初めて気づく、学んできたことの偉大さに。

最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page