• 渡邊 優

やっと江ノ島が解禁となり、春イカの季節が始まりました。

春イカのシーズンは4下旬〜6月中旬。ウイルスの影響で江ノ島が約2ヶ月ほど閉鎖をしていたためにシーズン終盤でやっと釣りに行けたわけです。


この釣りという趣味、もう小学校1年生の頃からずーっと続けています。

広大な海に釣り糸を垂らす、もしくは投げる。

細い糸を伝って僅かな感触から海の中の様子を想像する。

おっ?岩に当たったぞ!藻に絡まったぞ!流れがあるぞ!そんな微かな感触から得る情報を頼りに、2キロ程にもなるアオリイカを探して釣る。


そんな奥深い海との対話をしながら、イカとの駆け引きを楽しんでいるのです。

昨日は思い切り釣りして、イカとのフィーバーを楽しみました!

結果、2キロのイカを2杯、500gほどのイカ1杯と、十分に楽しめた結果となりました。


こういった好きなことをするのは大切だと思います。

何も考えずに一点に集中して、夢中になって楽しむことは免疫力も高くなりそうだし、自分にとっても良いエネルギーが充電されてまた頑張れる。

そんな好きなことができる日常に感謝です!


どうぞ皆さんも、好きなことを大事にして楽しんでください!



最新記事

すべて表示

外見に左右される

最近あることに気がつきました。それは黒パターンなのですが、人の外見に左右されるということです。私の場合、見てくれがゴツくて、強そうで、顔も髭面で、ブスッとした屈強な男性を見ると怖そうに感じ、どこかビクビクする。パターンからしたら、そういう人は人を傷つけてきた、もしくは力で人をねじ伏せてきた、だから自分もそうされるだろうと思うからです。パターンはそうだと決めつけています。だから体が萎縮してビクつくの

感謝

バレエスタジオに通っていた73歳の女性の方が亡くなりました。 この方はきみこさんと言って、バレエだけに限らず、ピアノを演奏して発表会にまで出ていた方でした。 私がバレエスタジオに通いはじめた頃、私は男性一人ということもあり、誰とも喋らず、目も合わさず、何処にも自分の居場所を感じずにいた時、きみこさんはバレエ初めて入門という初心者用の本を持ってきて貸してくださいました。それからはことあるごとに私に声

特権意識・・

昨日江ノ島でイカを釣っていると、隣のおじさんが、よく釣るね、どうやって釣るの?と聞かれました。私は意気揚々とイカの釣り方を説明しだして、天下を取ったかのごとく、詳しく説明したのです。 浮き足立って説明しているこの状態・・・あれ??なんだ?このゾワゾワ感・・ 一通り説明し終わった後、先程の感覚を思い出していました。 隣のおじさんに、よく釣るね、と言われたことで「自分は特別だ」という私の黒パターンがそ