• 渡邊 優

やっと江ノ島が解禁となり、春イカの季節が始まりました。

春イカのシーズンは4下旬〜6月中旬。ウイルスの影響で江ノ島が約2ヶ月ほど閉鎖をしていたためにシーズン終盤でやっと釣りに行けたわけです。


この釣りという趣味、もう小学校1年生の頃からずーっと続けています。

広大な海に釣り糸を垂らす、もしくは投げる。

細い糸を伝って僅かな感触から海の中の様子を想像する。

おっ?岩に当たったぞ!藻に絡まったぞ!流れがあるぞ!そんな微かな感触から得る情報を頼りに、2キロ程にもなるアオリイカを探して釣る。


そんな奥深い海との対話をしながら、イカとの駆け引きを楽しんでいるのです。

昨日は思い切り釣りして、イカとのフィーバーを楽しみました!

結果、2キロのイカを2杯、500gほどのイカ1杯と、十分に楽しめた結果となりました。


こういった好きなことをするのは大切だと思います。

何も考えずに一点に集中して、夢中になって楽しむことは免疫力も高くなりそうだし、自分にとっても良いエネルギーが充電されてまた頑張れる。

そんな好きなことができる日常に感謝です!


どうぞ皆さんも、好きなことを大事にして楽しんでください!



最新記事

すべて表示

もう抗わない

「思い通りにしたい」「思い通りじゃなきゃ嫌だ」「思い通りの自分じゃなきゃ嫌だ」 この私のパターンは、目の前の現実、もしくは現実の自分に抵抗し、抗っているのだと思いました。現実という世界に抗えば抗うほど、苦しさ、悔しさ、もどかしさは強くなり、それはまるで川の流れに逆らって泳ぐかの如く、もがき苦しむようです。 それは時に理想の自分像を追ってみたり、理想の結果を求めてみたりと、現実とは違う、何か理想郷的

夫婦喧嘩は犬も食わない

両親がめっちゃ夫婦喧嘩をしているんですね。 その模様が毎日LINEで父、母の両方から飛んできます。 その二人の内容は、お互い怒りに満ち満ちており、できる限り聞くようにしていますが、その度に私のパターンは騒ぐのです。 特に父に対しては「もっと母に優しくしてほしい」「もっと母を理解してほしい」このあたりが騒いでどうしても母親の肩を持ってしまう。 そうするとイラッとして、腹が立って、三行半をつけてしまう

待つということ

自分を待つ。 自分の成長を待ってあげる。この意味が当初理解できませんでした。 結果と成果が重視される社会にどっぷりと浸かっていた自分には、自分を待ってあげるということがどういうことか理解できなかったのです。 自分の成長、成果、結果をもっと早く手に入れたい。 そのあまりに慣れ親しんでいたパターンは、何事にも行動が必要で、努力があって、それに対する目に見える結果という対価が必要だと信じていたのです。