top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

著 黒川伊保子 人間のトリセツ を読みました。

人工知能と脳科学の研究者で、作家でもある著者の本を今年に入って3冊ほど読みました。

その3冊の本の共通に、失敗は脳に良い!というとが書かれていました。

「失敗をすると、その晩、私たちの脳は眠っている間に、失敗に使った関連回路の閾値を上げて、神経信号を届きにくくさせる。

要らない場所に電気信号を流さないこと。実は脳にとって、これが1番大事なのだ。

使うべき回路を正しく絞る事で、私たちはとっさの判断を間違わないようになる。それが、勘であり、センスだ。センスがいい、勘がいい、発想力がある、展開力がある。こういう能力は知識の上書きでは手に入らず、自ら失敗して痛い思いをする事で、脳の中に「信号が行きにくい場所」ができ、「信号が行きやすい場所」が浮きだってくる、そうやって手に入れる能力なのである」

特にこの失敗は、20代、30代、に多く積むほど良いのだそうです。


なるほど〜!

普段私たちが普段犯したくない失敗やリスクが、実は素晴らしい能力を手に入れるためのものだったとは!

また、失敗をしないと人間はどんどんアホになるらしい・・・

失敗は成功のもととよく言うけれど、そんなからくりがあったのですね。

また著者は人生についてもこう言及しています。

「清く、正しく、美しく、優秀で、ノーリスク、そんな失敗も傷もな家に育ち、許しのない人生を生きていくなんて想像しただけでも苦しくなる。完璧ではない自分を厭い始めたら人生はいくらでも過酷になる」


私たちの持つ黒パターンは常に失敗を恐れ完璧を目指します。

だれよりも優秀に、だれよりも上へと。

それが幸せになるかのごとく。


もう完璧ではない未熟な自分を受け入れて、戦いから降りてもいいのかもしれない。


色々と腑に落ちる内容の濃い読書でした。




最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

Comments


bottom of page