• 渡邊 優

著 黒川伊保子 人間のトリセツ を読みました。

人工知能と脳科学の研究者で、作家でもある著者の本を今年に入って3冊ほど読みました。

その3冊の本の共通に、失敗は脳に良い!というとが書かれていました。

「失敗をすると、その晩、私たちの脳は眠っている間に、失敗に使った関連回路の閾値を上げて、神経信号を届きにくくさせる。

要らない場所に電気信号を流さないこと。実は脳にとって、これが1番大事なのだ。

使うべき回路を正しく絞る事で、私たちはとっさの判断を間違わないようになる。それが、勘であり、センスだ。センスがいい、勘がいい、発想力がある、展開力がある。こういう能力は知識の上書きでは手に入らず、自ら失敗して痛い思いをする事で、脳の中に「信号が行きにくい場所」ができ、「信号が行きやすい場所」が浮きだってくる、そうやって手に入れる能力なのである」

特にこの失敗は、20代、30代、に多く積むほど良いのだそうです。


なるほど〜!

普段私たちが普段犯したくない失敗やリスクが、実は素晴らしい能力を手に入れるためのものだったとは!

また、失敗をしないと人間はどんどんアホになるらしい・・・

失敗は成功のもととよく言うけれど、そんなからくりがあったのですね。

また著者は人生についてもこう言及しています。

「清く、正しく、美しく、優秀で、ノーリスク、そんな失敗も傷もな家に育ち、許しのない人生を生きていくなんて想像しただけでも苦しくなる。完璧ではない自分を厭い始めたら人生はいくらでも過酷になる」


私たちの持つ黒パターンは常に失敗を恐れ完璧を目指します。

だれよりも優秀に、だれよりも上へと。

それが幸せになるかのごとく。


もう完璧ではない未熟な自分を受け入れて、戦いから降りてもいいのかもしれない。


色々と腑に落ちる内容の濃い読書でした。




最新記事

すべて表示

祝!横浜高校 甲子園出場決定!

私の母校、横浜高校が夏の甲子園出場を決めました! 在学中にも一回甲子園へ行き、私も甲子園に応援に行きました。 人生の中で高校野球を見るために甲子園へ行く機会もそうそうないだろうとゆうことで、学校が用意してくれたバスで応援に行ったのです。 ザ男子校!というむさ苦しい男だらけでしたが、ガチの応援団(魁男塾なみ)が団旗を立て、張り裂けんばかりの大声を出して応援する姿は一見の価値がありました。 甲子園名物

自分にしかできない

ここのところワークをしていて思うのですが、私たちがやっているワークというのは、自分でやる、というのが大前提となっています。 誰かが代わりにやってくれるわけでもなく、できるわけでもない、自分にしかできない、自分のためのワークです。もうこれって、この時点で自立への階段(まだちっさい階段ですが)を登り始めているのではないかと思うのです。 自分のため、というと、今までは自分が得する、有利に働く、勝てるよう

失敗や間違い

生きていれば、失敗や間違いはあると思います。 私にとっての失敗や間違いは、黒パターンで言動してしまうこと。 大切なのは、そのあと、自分はどうするのかが、大切だと思っています。 誰かを傷つけてしまったり、迷惑をかけてしまったら謝りますし、そしてもう一度自分と向き合い、パターンをケアするのが大切だと思っています。 しかし、昔はそんなことを知らなかった、わかっていなかったので、外側に目を向けて、自分の問