• 渡邊 優

著 黒川伊保子 人間のトリセツ を読みました。

人工知能と脳科学の研究者で、作家でもある著者の本を今年に入って3冊ほど読みました。

その3冊の本の共通に、失敗は脳に良い!というとが書かれていました。

「失敗をすると、その晩、私たちの脳は眠っている間に、失敗に使った関連回路の閾値を上げて、神経信号を届きにくくさせる。

要らない場所に電気信号を流さないこと。実は脳にとって、これが1番大事なのだ。

使うべき回路を正しく絞る事で、私たちはとっさの判断を間違わないようになる。それが、勘であり、センスだ。センスがいい、勘がいい、発想力がある、展開力がある。こういう能力は知識の上書きでは手に入らず、自ら失敗して痛い思いをする事で、脳の中に「信号が行きにくい場所」ができ、「信号が行きやすい場所」が浮きだってくる、そうやって手に入れる能力なのである」

特にこの失敗は、20代、30代、に多く積むほど良いのだそうです。


なるほど〜!

普段私たちが普段犯したくない失敗やリスクが、実は素晴らしい能力を手に入れるためのものだったとは!

また、失敗をしないと人間はどんどんアホになるらしい・・・

失敗は成功のもととよく言うけれど、そんなからくりがあったのですね。

また著者は人生についてもこう言及しています。

「清く、正しく、美しく、優秀で、ノーリスク、そんな失敗も傷もな家に育ち、許しのない人生を生きていくなんて想像しただけでも苦しくなる。完璧ではない自分を厭い始めたら人生はいくらでも過酷になる」


私たちの持つ黒パターンは常に失敗を恐れ完璧を目指します。

だれよりも優秀に、だれよりも上へと。

それが幸せになるかのごとく。


もう完璧ではない未熟な自分を受け入れて、戦いから降りてもいいのかもしれない。


色々と腑に落ちる内容の濃い読書でした。




最新記事

すべて表示

振る舞いから降りる。

誰もが抱く、穏やかな心や軽やかな心、どうやったらそういう心になれるのか、もしくはそういう人になれるのか、そんなことを昔はよく考えていました。勝手な想像として、そういう人間はレベルが高い、良い人と思われる、好かれる、大切にされる、敵を作らない、味方が増える、世間で得をする、そんな風に思っていたのです。 しかし、本当の心の内はドキドキハラハラしていても、穏やかな「振る舞い」をしていたのをよく覚えていま

外見に左右される

最近あることに気がつきました。それは黒パターンなのですが、人の外見に左右されるということです。私の場合、見てくれがゴツくて、強そうで、顔も髭面で、ブスッとした屈強な男性を見ると怖そうに感じ、どこかビクビクする。パターンからしたら、そういう人は人を傷つけてきた、もしくは力で人をねじ伏せてきた、だから自分もそうされるだろうと思うからです。パターンはそうだと決めつけています。だから体が萎縮してビクつくの

感謝

バレエスタジオに通っていた73歳の女性の方が亡くなりました。 この方はきみこさんと言って、バレエだけに限らず、ピアノを演奏して発表会にまで出ていた方でした。 私がバレエスタジオに通いはじめた頃、私は男性一人ということもあり、誰とも喋らず、目も合わさず、何処にも自分の居場所を感じずにいた時、きみこさんはバレエ初めて入門という初心者用の本を持ってきて貸してくださいました。それからはことあるごとに私に声