top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

私が自分を見るときに大切にしていること、それは、見ているものがパターンだと意識することです。


私もそうですが、パターンを自分自身だと勘違いしがちです。

パターンは基本的に利己的なので、こんな利己的な自分は嫌だ、こんな自分は理想と違う、そう思うと、自分を見ることすら嫌になると思うんです。


そこで大事になってくるのが、それはパターンだということ。

パターンの思いとして、利己的な自分、理想と違う自分、弱い自分、ダメな自分、そんな自分は見たくないし、触れられたくない。


だから、そんな自分を見ると腹が立つし、惨めになるし、苦しい。

とパターンが言っているのです。


その思いを受け止めることができるのが、他でもない私しかいないんです。

私にはどんなパターンも受け止めることができる沢山の資質が備わっています。

理解、許し、受容、etc

すごい・・


それらを意識してパターンを受け止めてみる。

今日も、大切にいていこうと思います。

最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Commentaires


Les commentaires ont été désactivés.
bottom of page