top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

大人とは、今までやってこなかったことをやることが大人よ。以前先生からそう教わりました。

確かにそうだな〜と最近つくづく思います。子供の頃は無意識に、好きなことを好きなだけ、嫌なことは嫌として、心の赴くままに、パターンまっしぐらで生きていたと思います。それが普通でしたし、子供だからという理由で許されてもいました。勉強も大嫌いでしたし、あれこれ言われるのも面倒臭くて、人生において、学ぼう、得よう、成長しようなどという思いはほんのカケラもなかったように思います。


しかし、今やっと大人になってみて、意識的であることや学ぶこと、白パターンを選び続けることや、こうして日記を書くことなど、それらは全て自分の為にやっていて、目に見える利益や、解りやすい何かを得るわけではないんだけど、確実に自分を前に進めているのが解ります。生きている実感というのか、自分として在る、というのを実感します。誰かの人生でもないし、誰のせいにできる人生でもない。


自分の人生、それをどうするかは自分次第で、良くも悪くも自分で創造できる。だからこそ意識的になることが大事であり、一瞬一瞬の選択が非常に重要になってきて、その決定権が自分にある。


そういうことを理解して、やっていくことが大人だと最近解りました。

今日も、大人であろう。

最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

コメント


コメント機能がオフになっています。
bottom of page