• 渡邊 優

私は以前、こういった心の学びや真理の学びをしてくると、どこか人よりも上で、位の高い人間になると思っていました。

それは誰からも認められ、誰からも愛され、性格も温和となり、怒りなどなくなり、仏のような存在になる。ましてやカウンセラーとはそういうところに近い存在だと思っていたのです。


しかし学べば学ぶほど、自分を見れば見るほど、現実は全く逆で、どんどん現実の己を知ることになり、別に自分はそんなに大したものじゃない、そう思う様になったのです。

途中、全然大したことない自分を知り、理想の自分とかけ離れた現実の自分を知ると「自分はダメだ」というパターンが騒いで悶絶した時もありました。しかし、そこを超えてくると、諦めにも似たような、もう自分の中の何も変えられない、無理だ・・もうこの自分でいくしかない、そう思う様になったのです。


この自分というのは、傷つきやすくて、そのくせプライドが高くて、負けず嫌いで、弱虫で、ビビリで、すごい奴だと思われたくて、自分を大きく見せたくて、認められたくて、誰からも愛されたい、そんな黒パターンだらけの自分です。そんな自分の持つパターンを変えようとすればするほど苦しみは増すのでした。

きっと、そんな沢山の黒パターンを持つ自分にOKを出して、それを持ちながら何を選ぶのか、というところで努力しながら生きていくのが、成長なんだと思う。


大したものになる必要もなく(そもそもなれない)、だからと言ってダメなわけじゃない。

プライドや、見栄など、そういった鎧がまくてもそのままの自分でいい。そう思えたら素敵なんだと思う。

最新記事

すべて表示

嫌われる勇気

嫌われる勇気か・・・ 嫌われてでも、何かを伝えなければならなかったり、嫌われてでも、本当のことを言わなければならなかったり、嫌われてでも、憎まれてでも、自らが壁となって立ちはだかったりと、相手のことを思うからこそ憎まれ役になりるなんてことは考えたこともなかったです。嫌われて傷つく、ヘコむことはあっても、自ら嫌われ者を買って出るなんてことは一度もなかったと思います。黒パターンでの嫌いはありましたが。

プライドという罠

自分を見ていると、プライドがまだまだ高いな〜と思ういときがあります。 それは誰かに何かを言われたり、されたりした時、このプライドが出てきて、プライドを傷つけられた、プライドが許さないと言います。 また自分のプライドを守るためならなんでもするとも言います。 それは言い訳であったり、人のせいにしたり、他人を責めたりして、とかく自分が悪くないように、自分のせいにならないようにと、自分を守るための保身でも

幸せって・・

今日も白パターンを選ぶべく朝からワークに実践と勤しんでおります。 こうして毎日学べることって、すごく幸せなことだと思いました。 苦しい時もあり、達成感を感じる時もある。どんな場面にも学びがあり、そんな環境が幸せだと思うのです。 何かをやり遂げてしまった後よりも、そのプロセスの方がきっと何倍もハラハラ、ドキドキがあり、そこから沢山学んで、自分の血と肉にしていく。白パターンを上手く選べた時もあれば、そ