• 渡邊 優

私は以前、こういった心の学びや真理の学びをしてくると、どこか人よりも上で、位の高い人間になると思っていました。

それは誰からも認められ、誰からも愛され、性格も温和となり、怒りなどなくなり、仏のような存在になる。ましてやカウンセラーとはそういうところに近い存在だと思っていたのです。


しかし学べば学ぶほど、自分を見れば見るほど、現実は全く逆で、どんどん現実の己を知ることになり、別に自分はそんなに大したものじゃない、そう思う様になったのです。

途中、全然大したことない自分を知り、理想の自分とかけ離れた現実の自分を知ると「自分はダメだ」というパターンが騒いで悶絶した時もありました。しかし、そこを超えてくると、諦めにも似たような、もう自分の中の何も変えられない、無理だ・・もうこの自分でいくしかない、そう思う様になったのです。


この自分というのは、傷つきやすくて、そのくせプライドが高くて、負けず嫌いで、弱虫で、ビビリで、すごい奴だと思われたくて、自分を大きく見せたくて、認められたくて、誰からも愛されたい、そんな黒パターンだらけの自分です。そんな自分の持つパターンを変えようとすればするほど苦しみは増すのでした。

きっと、そんな沢山の黒パターンを持つ自分にOKを出して、それを持ちながら何を選ぶのか、というところで努力しながら生きていくのが、成長なんだと思う。


大したものになる必要もなく(そもそもなれない)、だからと言ってダメなわけじゃない。

プライドや、見栄など、そういった鎧がまくてもそのままの自分でいい。そう思えたら素敵なんだと思う。

最新記事

すべて表示

決める、ということがとても大事だと実感しています。 決められずにあれこれ考え、悶々としている時間が一番心身に不健康なのだと思いました。 しかしそこを経ないと、自分が本当にどうしたいのかがわからないのも、この私という人間なんだと思います。 それゆえに、これもパターンであったな、と思いました。 毎回思うのですが、一つのパターンを超えると一つ視野が広がり、見える景色も感覚も変わってきます。そして以前の自

自分に嘘をつく、ごまかす。 これって、すごいシンドイことなんだと思いました。 人間って本当によくできていて、自分を誤魔化しながら生きれるようにはできていないのだと思います。きっとそれを続けると、体を壊したり、心を壊したり、精神を病んだりするのだと思いました。 私は今一つの交差点に立っていて、どちらに行くかと悩んでいます。 色々なパターンがごちゃごちゃになって、今しっ散らかっている状態ですが、答えは

自分の思考を観察していると、正しいか間違いか、損か得か、そういった物差で物事を判断しているように思いました。正しく、得であれば良い決断で、間違っていて、損であれば悪い決断として結果を判断しているのだと思います。要は自分にとっての、正しくて得する決断に執着しているのだと思いました。きっと成長とは、この結果に執着しないことなのだと思います。言い換えるならば、自分の間違いも損も受け入れられるということで