• 渡邊 優

昨日は久しぶりに実家に顔を出してきました。

来週人工内耳の手術を控えた母親の様子を見に、母の好きなうなぎを持って行ってきたのです。

母は手術に対する不安は少しありながらも、父親とのコントのような掛け合いは健在で、何度も爆笑して帰ってきました。


私は昔父親との確執が非常に強く、まさか自分がこんな風に家族4人で食事をしたり、笑ったり、時に喧嘩をしたりと、普通の暖かい家族の体験が出来るとは思ってもいなかったのです。

それほど強い負の感情とエネルギーを父親に対して持っていました。


しかしその経験があったからこそ、本気で自分と向き合うキッカケとなったのです。

それはつまり、私の父親という+の意味づけが、本気で自分と向き合うキッカケを与えた存在だったのです。


そう考えると、無駄なことなど一つもない。一見嫌で辛く苦しい出来事でも、後になってみたら大きなギフトになっていたんだと実感する、楽しい家族の団欒でした。

最新記事

すべて表示

先祖にお祈りをする際、状況がキツイ時や迷っている時など、よく助けて!どっちに行ったらいい?と問いかけていました。それは、こちらからのお願いという祈りだったのです。しかしその返事はあるわけも無く、なんとなく惰性で自分で決めてきました。で、最近思ったのが、祈りの基本は感謝だよね、というものです。 今私が生きていられるのは先祖がいたからこそです。その血を受け継いで、今この肉体が存在しています。そして天や

『私のマントラ』 今、〜さんの言った言葉に私のパターンが引っかかりました。 しかしそれは、〜さんのせいではありません。 私が自分のパターンをケアしていなかったからです。 これから、そのパターンをケアしていきます。 〜さん、ありがとうございました。 あんなこと言われたくなかった、こんな扱いされたくなかった、色んなパターンに引っかかった際、私はまず最初に、このマントラを唱えます。 そしてとても不思議な

「嫌なことがないと人は成長しない・・」 先日の2日間のセミナー後、食事の際に先生が言った言葉です。 自分のことを思い返しても、成長してきた場面は常に嫌なことがありました。嫌なことがあって初めて自分と向き合い、パターンを見つけて語りかけをし、白黒ワークで白パターンを選んで実践していく。その過程では、未熟な今の自分を知り、反省する過程もあります。そんな自分を許しながら、人は成長するのだと思いました。