• 渡邊 優

今回シリーズ4作目となる、夢を叶えるゾウ4 著:水野敬也を読みました。

1〜4まで全作読みましたが今回は傑作だったと思います。そして今回のテーマは「死」についてでした。


死の宣告を受けた主人公が、ガネーシャというふざけた像の神様から様々な課題をもらい、死ぬ前に叶えたいこと、大切なひとに感謝の気持ちを伝える、などの課題をこなしながら、生について、死について、人生について考え、後悔と葛藤を交えながら学んでいくというストーリーです。

この後悔というもの、死を目前にしてほとんどの人が後悔をするとガネーシャは言います。


仕事を程々にしてもっと家族との時間を大切にすればよかった、自分を大切にすればよかった、やりたいことを我慢せずにやればよかった、もっと素直に謝ればよかった、などなど。

では自分が今死の宣告を受けたらどうだろうかと考えた時、やっぱり後悔すると思うのです。

もっと白パターンを選びきればよかった、もっと考えればよかった、もっと頑張れた、もっとやれたと、きっとそう思うはずです。ということは、まだ限界を感じていないということ。


後悔しないためにも、死際には自分は精一杯やり切ったと言いたい。

そのためにも、この精一杯やりたいという魂の渇望には忠実でいたいと思う。

最新記事

すべて表示

振る舞いから降りる。

誰もが抱く、穏やかな心や軽やかな心、どうやったらそういう心になれるのか、もしくはそういう人になれるのか、そんなことを昔はよく考えていました。勝手な想像として、そういう人間はレベルが高い、良い人と思われる、好かれる、大切にされる、敵を作らない、味方が増える、世間で得をする、そんな風に思っていたのです。 しかし、本当の心の内はドキドキハラハラしていても、穏やかな「振る舞い」をしていたのをよく覚えていま

外見に左右される

最近あることに気がつきました。それは黒パターンなのですが、人の外見に左右されるということです。私の場合、見てくれがゴツくて、強そうで、顔も髭面で、ブスッとした屈強な男性を見ると怖そうに感じ、どこかビクビクする。パターンからしたら、そういう人は人を傷つけてきた、もしくは力で人をねじ伏せてきた、だから自分もそうされるだろうと思うからです。パターンはそうだと決めつけています。だから体が萎縮してビクつくの

感謝

バレエスタジオに通っていた73歳の女性の方が亡くなりました。 この方はきみこさんと言って、バレエだけに限らず、ピアノを演奏して発表会にまで出ていた方でした。 私がバレエスタジオに通いはじめた頃、私は男性一人ということもあり、誰とも喋らず、目も合わさず、何処にも自分の居場所を感じずにいた時、きみこさんはバレエ初めて入門という初心者用の本を持ってきて貸してくださいました。それからはことあるごとに私に声