• 渡邊 優

今回シリーズ4作目となる、夢を叶えるゾウ4 著:水野敬也を読みました。

1〜4まで全作読みましたが今回は傑作だったと思います。そして今回のテーマは「死」についてでした。


死の宣告を受けた主人公が、ガネーシャというふざけた像の神様から様々な課題をもらい、死ぬ前に叶えたいこと、大切なひとに感謝の気持ちを伝える、などの課題をこなしながら、生について、死について、人生について考え、後悔と葛藤を交えながら学んでいくというストーリーです。

この後悔というもの、死を目前にしてほとんどの人が後悔をするとガネーシャは言います。


仕事を程々にしてもっと家族との時間を大切にすればよかった、自分を大切にすればよかった、やりたいことを我慢せずにやればよかった、もっと素直に謝ればよかった、などなど。

では自分が今死の宣告を受けたらどうだろうかと考えた時、やっぱり後悔すると思うのです。

もっと白パターンを選びきればよかった、もっと考えればよかった、もっと頑張れた、もっとやれたと、きっとそう思うはずです。ということは、まだ限界を感じていないということ。


後悔しないためにも、死際には自分は精一杯やり切ったと言いたい。

そのためにも、この精一杯やりたいという魂の渇望には忠実でいたいと思う。

最新記事

すべて表示

辞めた報告。

昨日営業同行に行ったのですが、結局説明を聞いただけで終わりました。 そして内容を聞いているうちにどんどん気持ち悪くなり、この仕事はやめて帰りました。 理由を書くと、透明性がなかったり、胡散臭かったりなどなどありますが、やっぱり、気持ち悪くなる。体が拒否する。これが一番の理由です。 正直、こんな感覚になるのは初めてでした。 聞けば聞くほど気持ち悪くなる。 昨日颯爽と日記に書いた自分がカッコ悪く、情け

お仕事

今日から仕事に行ってきます。 昼間、この勉強と趣味以外、たっぷり時間もあるため、仕事をしようと思いました。 営業の業務委託ですので、とりあえずやってみてから考えよう・・と思っています。 ぶっちゃけ、内容はいまいちわかっていません。どうやら病院が営業先のようです。 流石に右も左もわからないので、今日から上司と同行営業です。 そして上司との同行営業も、実に20年ぶりくらいなので、ちょっと緊張です。 で

もう抗わない

「思い通りにしたい」「思い通りじゃなきゃ嫌だ」「思い通りの自分じゃなきゃ嫌だ」 この私のパターンは、目の前の現実、もしくは現実の自分に抵抗し、抗っているのだと思いました。現実という世界に抗えば抗うほど、苦しさ、悔しさ、もどかしさは強くなり、それはまるで川の流れに逆らって泳ぐかの如く、もがき苦しむようです。 それは時に理想の自分像を追ってみたり、理想の結果を求めてみたりと、現実とは違う、何か理想郷的