• 渡邊 優

昨日、兄から電話があり、えらく憤慨していました。

プーチンけしからん!と。どうやら報道を見て武力行使に出たプーチン大統領に対して怒っているようでした。そして兄からこんなことを聞かれました。

「お前は何とも思わないのか?こんなこと許されると思っているのか?」と


勿論、何ともは思わないです。

同情もするし、早く終わって欲しいと祈り、願うばかりです。

しかし、自分ができる具体的な行動としては、今ある平和に感謝して、ちゃんと生きることだと思っています。

それをいうと兄からは「綺麗事だ!対岸の火事だからそんなこと言えるんだ!」と一蹴されてしまいました。私が言いたい真意はきっと伝わらないだろうと思います。

統制のとれた平和な心でいる、ということの大切さを。


きっと兄が抱えている問題は他にあって、そんな憤りを社会問題に対して吐き出しているのかなと、察しました。


きっとこういうこと(黒パターンが過剰に反応する)はこれから増えてきて、自分がどうあるか、何を選択するのかが問われる時代になってきたのだと思います。


より一層、自分が試されるのだと思う。

そのためには一にも二にも自分を観て、白パターンを選び続ける他ないのだと思いました。

最新記事

すべて表示

喉元過ぎれば熱さ忘れるとは言いますが、本当にそのようで、ワークをして何日かすると、本当に何事もなかったような気分になります。そしてこのワークをするにあたり、ただ自分のパターンをケアするだけではなく、改めて自分のことをちゃんと見つめ、理解し、受け止める。ということだと思いました。 自分を見るというと、最初の頃は自分のあら探しのように悪いところばかりが目につき、自分を見ることに抵抗感を感じていました。

自分を見ていると、自分のパターンのことや特徴がわかってきます。 そしてここがミソなんですが「きっとみんなも同じだろう」という思いも同時にあります。 しかし勉強会やグループで話を聞いていると、決して同じではないことがわかってきます。 人によって全く違う個性があって、取り組んでいる、乗り越えようとしているのもが全く別物なんです。しかし、自分がそうだからきっとみんなも同じだろう・・・これはなんなんだ?と

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で