• 渡邊 優

「思い通りじゃなかきゃ嫌だ」

というパターンと向き合い始めて、思い通りにならない出来事や現実を突きつけられています。

それは思い通りにならない他人、状況、出来事、気持ち、自分自身と様々ですが、そこで分かったことがいくつかありました。それは思い通りにならない現実に抵抗すればするほど、抗えば抗うほど(現実に抗うではなくとも、心の中で受け入れられない状態だと)苦しむということ。


今私は「思い通りじゃない現実を受け入れられる自分になろう」という白を選んでいますが、これを選んでいる時は体全体に気が循環している感覚があり、確かな生命力を感じます。


しかし思い通りにならない現実に抗っている状態では、圧迫感やストレス、苛立ちなどが生まれます。それはきっと、パターンからしたら物凄い不快な出来事なのだと思う。

そして逆に物事や他人が自分の思い通りになるということは、パターンからしたら最高に気持ちの良いことなのだと改めて理解しました。


またこのような状態での人間関係があったことも分かりました。


流石にもう、降りようと思います。

最新記事

すべて表示

他人との比較

今日は何となく、他人と比較している自分がいたのでこのパターンをよく観察してみました。 そのパターンは、自分よりも周りのみんなの方が優れている(仕事や能力)、恵まれている(家柄や環境)、だから満たされないし、自分は幸せじゃない。そう言っていました。パターンは、周りと比較して、恵まれても優れてもいないから自分は幸せじゃないと思っているのです。 今思い返すと他人との比較において、苦しむことは多々あったと

節目

先日は成人式で、私の姪っ子もついに新成人となりました。 そのお祝いも兼ねて実家に行ってきました。孫の晴れ姿を見て、爺ちゃん婆ちゃんは感慨深かったらしく、その目には涙が浮かんでいました。小さい頃から見ている孫の姿に色々な思いがあったのでしょう。孫へと注がれる確かな愛情を感じました。いいもんだな〜、家族は。 そして両親の話を伺っていると、今年で結婚50年を迎えるとのこと。半世紀です・・・ ふたりの様々

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com