• 渡邊 優

「思い通りじゃなかきゃ嫌だ」

というパターンと向き合い始めて、思い通りにならない出来事や現実を突きつけられています。

それは思い通りにならない他人、状況、出来事、気持ち、自分自身と様々ですが、そこで分かったことがいくつかありました。それは思い通りにならない現実に抵抗すればするほど、抗えば抗うほど(現実に抗うではなくとも、心の中で受け入れられない状態だと)苦しむということ。


今私は「思い通りじゃない現実を受け入れられる自分になろう」という白を選んでいますが、これを選んでいる時は体全体に気が循環している感覚があり、確かな生命力を感じます。


しかし思い通りにならない現実に抗っている状態では、圧迫感やストレス、苛立ちなどが生まれます。それはきっと、パターンからしたら物凄い不快な出来事なのだと思う。

そして逆に物事や他人が自分の思い通りになるということは、パターンからしたら最高に気持ちの良いことなのだと改めて理解しました。


またこのような状態での人間関係があったことも分かりました。


流石にもう、降りようと思います。

最新記事

すべて表示

責任

先日の茅ヶ崎セミナーで、カウンセラー仲間のMさんからこんなことを学びました。それは、黒パターンを放っておくと意味付けが変わらないままなので、そこをどんどん掘っていってしまう。白パターンを選ばない限り同じ意味づけのまま思考停止状態に陥る。また新たなものに変えても、動機が不安や恐れであるため結局一緒でまた同じ黒を掘っていくと。 確かにそうだと思いました。黒パターンで生きていた時の私がそうだったからです

本当の声

パターンの本当の声までなかなか耳が届かなかったりする。 語りかけをしていると、最初は腹立たしさや苛立ちから始まって、暫くすると悲しみや寂しさ、切なさというパターンの声が出てきたりする。 パターンの本当の声が聞けるまで随分時間がかかったなんて経験は幾度となくあって、それでも、本当の声を聞けた時はやっとパターンが救われたと安心感が生まれる。 日常生活でもきっとそうで、強がっていたり怒っているように見え

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com