• 渡邊 優

ここ最近自分を見ている時、黒パターンに対して、可も不可もない、ただあるだけ。

そういったことを意識してパターンを見ています。


黒パターン=ミームが低い、レベルが低い。

以前はこのように捉えていました。ですから、黒パターンで行動した時はもの凄く自分を責め、自分を恥じてもいました。特にこういった学びをしている自分だからもっと高潔な人間になろうと、聖者のような人間を目指していたのだと思います。

ですから、自他の黒パターンに対してもとても否定的で、ダメなものと決めつけ、許せない対象、そのような存在として捉えていたのかもしれません。ですからとても苦しい思いをしました。嫌だ嫌だと・・・


ここ最近は黒パターンでやっちゃった!をしてしまっても、またチャレンジしよう。

もう一度意識して白パターンを選びなおそうと心がけています。

それは、黒パターンに対しても、黒パターンを選んでしまった自分に対しても、可も不可もなく、ただあるがままを見つめ、自分はどうありたいのか?と自問し、もう一度チャレンジをしていく。

そうやって少しづつ上手くいく回数を上げていければいいと思っています。


今思い返すと、いちいち自分をジャッジしていた時はその都度自分に疲れ、嫌気がさし、疲弊してもう嫌だと投げ出したくなっていました。レベルの低い自分に嫌気がさしていたのですね。


可も不可もなく自分を見つめ、学んでいく。

何かを期待するでもなく、がっかりもしない。

これが本来の学び、なのかもしれませんね。

最新記事

すべて表示

セミナー一日目が終わりました。 まだ一日ですが、すでに一年分学んだ気分です!笑 私のヒットしたテーマとしては、鎧を脱ごう!というもの。 そもそもここで言う鎧とは、プライドだったり、保身だったり被害者意識や特権意識です。 それらの鎧は人を停滞させてしまう。 プライドは自分を特別扱いして自分を守り、特権意識は安住の地にいて問題から自分を遠ざけ、被害者意識は甘えを産んでしまう。それらを停滞と呼ばずしてな

今日はこれから魂の道場、茅ヶ崎セミナーです。 年内最後のセミナー、今年自分はどうだったか。そんなことを自問自答しながら、セミナー会場まで向かおうと思います。 ここ最近ヒョンなことから自分の核というべきパターンを発見し、それに翻弄されたり、はたまた冷静に対処出来たりと、そんな新たな課題に取り組み始め、来年に向けての助走が始まっている気がします。その辺りも含め、今回のセミナーでは教えてもらおうと思いま

結局のところ、全ての自分を認めるしかないのだと思いました。 俺様というパターンがあり、プライドもある自分。それを受け入れ、認めていくことからしか前に進めないのだと思います。 認められない間はずーっとパターンが燻り、ストレスと息苦しさを感じます。しかし、もう認めるしかないと諦めた瞬間から、肩の荷が降りて、ほんの少し、身軽になります。 自分の中で行われている一人相撲・・・ 理想を求めている自分と、現実