top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

机を整理していたら古いノートが出てきました。

そこには昔の語りかけがだらだらと書いてありました。やっと本格的に自分を見始めた頃の語りかけは、それはそれは新鮮で、パターンの思いの丈をありのままにぶつけるように書いてありました。


その語りかけの題名は「自分を見たくない」


なぜ自分を見たくないかというと、ダメな自分を見なくてはいけないし、傲慢な自分も、生意気な自分も嫌だし知りたくないし、そんな自分を見たら傷つくし自信を無くしてしまう。それに自分を見ていくと本当の自分や自分の気持ちに気付かされてしまう。それは耐えられない、だから自分を見たくないと・・・


確かに記憶があります。自分を見たくないというパターンがあることを。

この学びをしていくと、このようなパターンは騒ぐのかもしれません。それほど、自分を見るということが怖かったのだと思います。自分が抱いている理想の自分と本当の自分が違い、本当の自分を見てガラガラと崩れていくことが。


自分を見ていくということは、勇気がいることなのかもしれません。

そしてそんな自分を許していくことも、優しさと理解力が必要なのだと思う。

こうやって一つ一つパターンをケアしながら、勇気や強さを鍛えてきたんだな〜と、自分の軌跡を見るのもまた、尊厳を感じられる出来事でした。

最新記事

すべて表示

魅了されている・・

自己の執着の源を発見するに従って、私たちは自分自身に魅了されているという、極めて重要な驚くべき発見にいたります。 私、真実と主観性より これを読んだ時、自分のパターンそのままだと思いました。 すごいと思われたい、負けたくない、自分は正しい、自分の方が上、思い通りじゃなきゃ嫌だ、全て自分に魅了されている言動です。まるで世界が自分中心で回っているかのよう!現実はそうではないのにです。実際は負けることも

心のカラクリ

昨日は心のケア講座にご参加くださりありがとうございました。 講座では心のカラクリをお伝えしていますが、私が初めて心のカラクリを学んだ時のことを思い出しました。それは私が初めてカウンセリングを受けた日のことです。その時カウンセリングの先生から、丁寧に優しく図を書いてもらって習ったのを覚えています。そして暫く大事に大事にその紙を持っていました。きっとこれが自分を助けてくれる、救ってくれると何とはなしに

ただそこにあるものとして

パターンに対して、パターンはいけないもの、ダメなもの、利己的で不快なもの、自他に迷惑をかけるもの、以前はそんな風に捉えていました。だってパターンのせいで苦しい思いもするし、怒られるし、まだ自分はそんなことに囚われているのかと自分を責めてしまうし、自分のレベルの低さを思い知ってしまい、そんな自分が受け入れられないし嫌だったんです。 でもパターンって本当に子供で、彼らが求めているものは、愛されたいとい

Comentários


Os comentários foram desativados.
bottom of page