• 渡邊 優

机を整理していたら古いノートが出てきました。

そこには昔の語りかけがだらだらと書いてありました。やっと本格的に自分を見始めた頃の語りかけは、それはそれは新鮮で、パターンの思いの丈をありのままにぶつけるように書いてありました。


その語りかけの題名は「自分を見たくない」


なぜ自分を見たくないかというと、ダメな自分を見なくてはいけないし、傲慢な自分も、生意気な自分も嫌だし知りたくないし、そんな自分を見たら傷つくし自信を無くしてしまう。それに自分を見ていくと本当の自分や自分の気持ちに気付かされてしまう。それは耐えられない、だから自分を見たくないと・・・


確かに記憶があります。自分を見たくないというパターンがあることを。

この学びをしていくと、このようなパターンは騒ぐのかもしれません。それほど、自分を見るということが怖かったのだと思います。自分が抱いている理想の自分と本当の自分が違い、本当の自分を見てガラガラと崩れていくことが。


自分を見ていくということは、勇気がいることなのかもしれません。

そしてそんな自分を許していくことも、優しさと理解力が必要なのだと思う。

こうやって一つ一つパターンをケアしながら、勇気や強さを鍛えてきたんだな〜と、自分の軌跡を見るのもまた、尊厳を感じられる出来事でした。

最新記事

すべて表示

先祖にお祈りをする際、状況がキツイ時や迷っている時など、よく助けて!どっちに行ったらいい?と問いかけていました。それは、こちらからのお願いという祈りだったのです。しかしその返事はあるわけも無く、なんとなく惰性で自分で決めてきました。で、最近思ったのが、祈りの基本は感謝だよね、というものです。 今私が生きていられるのは先祖がいたからこそです。その血を受け継いで、今この肉体が存在しています。そして天や

『私のマントラ』 今、〜さんの言った言葉に私のパターンが引っかかりました。 しかしそれは、〜さんのせいではありません。 私が自分のパターンをケアしていなかったからです。 これから、そのパターンをケアしていきます。 〜さん、ありがとうございました。 あんなこと言われたくなかった、こんな扱いされたくなかった、色んなパターンに引っかかった際、私はまず最初に、このマントラを唱えます。 そしてとても不思議な

「嫌なことがないと人は成長しない・・」 先日の2日間のセミナー後、食事の際に先生が言った言葉です。 自分のことを思い返しても、成長してきた場面は常に嫌なことがありました。嫌なことがあって初めて自分と向き合い、パターンを見つけて語りかけをし、白黒ワークで白パターンを選んで実践していく。その過程では、未熟な今の自分を知り、反省する過程もあります。そんな自分を許しながら、人は成長するのだと思いました。