• 渡邊 優

現実を受け入れる。

その現実が、身に染みるような受け入れ辛いものであれば尚更見ようとせずに避けてきた。

そうして受け入れずにごまかして来た。そう、見て見ぬフリをして逃げてやんわりとやり過ごしてきた。本来の現実は、ただの現実であるのだが、パターンで見ているとその現実で自分をジャッジし、更には自分を痛めつける。

そして傷つかない方へと逃げていく。または空虚な肯定へと逸れてきた。

そもそも、ただの現実という事実なのだから守るものも何もないはずなのだ。

そう、肯定も否定も差別もない場所。


この、ただの現実を受け入れるというテーマは、全く経験した事のない世界なのだと思う。

それほど常に、何かに対して、肯定と否定を繰り返して世界を見てきた気がする。


ここが大きな分岐点。


この分岐点でどちらにいくのも自分次第、という事実。

この選択は大事にして行こう。




最新記事

すべて表示

オリンピック

呪われたオリンピックと揶揄されていますが、私は以前から東京オリンピックを楽しみにしていました。特に今回から正式種目となったサーフィンを毎日楽しく観戦しています。 しかし世界の若いトッププロはどんな舞台においてもニコニコしていて、楽しそうに演技をしています。肩の力も抜けて、本来の自分のパフォーマンスが出せているのが見ているこちらにも分かります。 しかし日本代表はどこか気合が入りすぎて顔が怖い・・・

今周りにあるもの

今周りにあるものは、全てミームを上げるためにあるもの。 言い方を変えれば、全て自分の成長のためのもの。 一見嫌なこと、面倒臭いこと、不快なこと、腹が立つこと、そんなパターンがどうしようもなく騒ぐ出来事。そういったもの全てが、階段を登るために必要なもの。 そうすると無駄なものなど何一つなく、全てにおいて、パターンであればケアしていけばいいし、新たな白パターンに挑戦していけばいい。 自分のことになると

今か後か

見たくない、見ようとしない、なぜならもうそれ以上傷つきたくないから。 自分を見るとき、中々目を向けられずにいるときは、大体このような時が多いです。 しかし残念ながら、前に進むには自分を見て、理解し、受け入れていくほかありません。 その時はキツく、苦しくても、先々自分のためになる、ということだけは分かるのですから。 先にやるか、後に回すかの違いなだけ。これも散々やってきたこと。 後に回せば回すほど同