• 渡邊 優

現実を受け入れる。

その現実が、身に染みるような受け入れ辛いものであれば尚更見ようとせずに避けてきた。

そうして受け入れずにごまかして来た。そう、見て見ぬフリをして逃げてやんわりとやり過ごしてきた。本来の現実は、ただの現実であるのだが、パターンで見ているとその現実で自分をジャッジし、更には自分を痛めつける。

そして傷つかない方へと逃げていく。または空虚な肯定へと逸れてきた。

そもそも、ただの現実という事実なのだから守るものも何もないはずなのだ。

そう、肯定も否定も差別もない場所。


この、ただの現実を受け入れるというテーマは、全く経験した事のない世界なのだと思う。

それほど常に、何かに対して、肯定と否定を繰り返して世界を見てきた気がする。


ここが大きな分岐点。


この分岐点でどちらにいくのも自分次第、という事実。

この選択は大事にして行こう。




最新記事

すべて表示

秋の味覚

やっと秋らしい気候になってきました。 朝夕は肌寒く、日中は暖かく、クーラーも暖房も入れずに夜はぐっすり眠れて、空気も澄んで気持ちいい秋のこの時期が私は一番好きです。 人によって春が好き、夏が好き、もしくは冬が好きって方もいますね。それぞれの好みがあって好きなところも違う。そんな話を聞いていると、何となくその人の個性が現れていていいな、と思います。 私にとってはこの秋ど本命の、江ノ島の秋イカのシーズ

覚悟を育てる

最近よくパターンが騒ぎそうな時に、覚悟を意識しています。 嫌われるかもしれない、怒られるかもしれない、責められるかもしれない、一人になってしまうかもしれない、そんなパターンが騒ぎそうになって、保身に走りそうになる時に、もう嫌われる、怒られる、責められるかもしれない覚悟を持とう、一人でも生きていける覚悟を持とうと、あらゆることに対して覚悟を持つ、ということを意識しています。白黒ワークでも覚悟をキーワ

決めつけからの解放

白パターンを選んだ時、その白の状態にある時、今までとは違う、目が覚めてきているような感覚があります。無意識に選んできた黒パターンの状態は、それはそれはごく普通に、今まで通りに、それほど自分に定着しているのがよくわかります。寧ろこちらの方が馴染んでいる。 しかし、新たな白パターンを選んで行くうちに、あれ?今までの黒の感覚は何だったんだ?こうだ!と決めつけていて、そこの黒パターンの世界にどっぷりとハマ