• 渡邊 優

現実を受け入れる。

その現実が、身に染みるような受け入れ辛いものであれば尚更見ようとせずに避けてきた。

そうして受け入れずにごまかして来た。そう、見て見ぬフリをして逃げてやんわりとやり過ごしてきた。本来の現実は、ただの現実であるのだが、パターンで見ているとその現実で自分をジャッジし、更には自分を痛めつける。

そして傷つかない方へと逃げていく。または空虚な肯定へと逸れてきた。

そもそも、ただの現実という事実なのだから守るものも何もないはずなのだ。

そう、肯定も否定も差別もない場所。


この、ただの現実を受け入れるというテーマは、全く経験した事のない世界なのだと思う。

それほど常に、何かに対して、肯定と否定を繰り返して世界を見てきた気がする。


ここが大きな分岐点。


この分岐点でどちらにいくのも自分次第、という事実。

この選択は大事にして行こう。




最新記事

すべて表示

全ての男は消耗品である・・

最近父とよくLINEで会話をする。今年でもう76歳になる父なのだが、LINEを普通に使いこなしている。孫達も父とLINEをしていて、チャレンジャーだね!などと言われ喜んで最近のSNSを使い込んでいる。そんな父からのLINEで特に多いのが母親の愚痴である。息子から見ても、ちょっと可哀想だな・・などと思うくらい詰め寄られて、こっ酷く何かを言われている。母から伝わるのは、「男性に対しての怒り」で、このエ

回復

ここ数日似たような事がおこり、あんなこと言われたくなかったのパターンが騒いで疲弊していました。しかし睡眠の力というのは素晴らしく、あれほど疲れ切っていたにも関わらず、体力も気力も回復させてしまう。まるで寝ている間にどこかで充電をしてきたかの如く、エネルギーが満ちてくるのを感じました。特にワークをした後の睡眠からの回復は素晴らしく、生まれ変わったかのような気にさせてくれます。 何の歌だったかはさっぱ

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com