• 渡邊 優

黒パターンでいる時の特徴として、取り越し苦労、というのがよくあります。

ある出来事や物事、または他人のことを強く思い込んで、きっとそうだ、きっとそうなる、いや絶対そうだ、あの人は絶対そう思っている、自分は絶対そう思われている、という具合に、ほかの選択や発想が浮かばないほどの、強い決めつけと思い込みにハマり、柔軟性を失います。


ぶっちゃけ、もう何度も何度も経験しました。

視野が狭くなって周りが見えなくなり、他人の声も中々届かず、入ってもこない。

「自分は正しい」という思いが強ければ強いほど、その傾向は顕著に現れて、思い込みの沼にハマります。


今思い返すと、ものすごく怖かったのだと思う。他人からの評価が、ジャッジが、自分の間違いや弱さがバレるのが、ダメだと思われるのが、自分のプライドが傷つき、壊れるのが。


本当は臆病で怖がりな自分。そんな自分を受け入れながら、面倒を見ながら、これからも歩んで行こうと思います。たまには取り越し苦労をしながらも。

最新記事

すべて表示

嫌われる勇気

嫌われる勇気か・・・ 嫌われてでも、何かを伝えなければならなかったり、嫌われてでも、本当のことを言わなければならなかったり、嫌われてでも、憎まれてでも、自らが壁となって立ちはだかったりと、相手のことを思うからこそ憎まれ役になりるなんてことは考えたこともなかったです。嫌われて傷つく、ヘコむことはあっても、自ら嫌われ者を買って出るなんてことは一度もなかったと思います。黒パターンでの嫌いはありましたが。

プライドという罠

自分を見ていると、プライドがまだまだ高いな〜と思ういときがあります。 それは誰かに何かを言われたり、されたりした時、このプライドが出てきて、プライドを傷つけられた、プライドが許さないと言います。 また自分のプライドを守るためならなんでもするとも言います。 それは言い訳であったり、人のせいにしたり、他人を責めたりして、とかく自分が悪くないように、自分のせいにならないようにと、自分を守るための保身でも

幸せって・・

今日も白パターンを選ぶべく朝からワークに実践と勤しんでおります。 こうして毎日学べることって、すごく幸せなことだと思いました。 苦しい時もあり、達成感を感じる時もある。どんな場面にも学びがあり、そんな環境が幸せだと思うのです。 何かをやり遂げてしまった後よりも、そのプロセスの方がきっと何倍もハラハラ、ドキドキがあり、そこから沢山学んで、自分の血と肉にしていく。白パターンを上手く選べた時もあれば、そ