• 渡邊 優

黒パターンでいる時の特徴として、取り越し苦労、というのがよくあります。

ある出来事や物事、または他人のことを強く思い込んで、きっとそうだ、きっとそうなる、いや絶対そうだ、あの人は絶対そう思っている、自分は絶対そう思われている、という具合に、ほかの選択や発想が浮かばないほどの、強い決めつけと思い込みにハマり、柔軟性を失います。


ぶっちゃけ、もう何度も何度も経験しました。

視野が狭くなって周りが見えなくなり、他人の声も中々届かず、入ってもこない。

「自分は正しい」という思いが強ければ強いほど、その傾向は顕著に現れて、思い込みの沼にハマります。


今思い返すと、ものすごく怖かったのだと思う。他人からの評価が、ジャッジが、自分の間違いや弱さがバレるのが、ダメだと思われるのが、自分のプライドが傷つき、壊れるのが。


本当は臆病で怖がりな自分。そんな自分を受け入れながら、面倒を見ながら、これからも歩んで行こうと思います。たまには取り越し苦労をしながらも。

最新記事

すべて表示

決める、ということがとても大事だと実感しています。 決められずにあれこれ考え、悶々としている時間が一番心身に不健康なのだと思いました。 しかしそこを経ないと、自分が本当にどうしたいのかがわからないのも、この私という人間なんだと思います。 それゆえに、これもパターンであったな、と思いました。 毎回思うのですが、一つのパターンを超えると一つ視野が広がり、見える景色も感覚も変わってきます。そして以前の自

自分に嘘をつく、ごまかす。 これって、すごいシンドイことなんだと思いました。 人間って本当によくできていて、自分を誤魔化しながら生きれるようにはできていないのだと思います。きっとそれを続けると、体を壊したり、心を壊したり、精神を病んだりするのだと思いました。 私は今一つの交差点に立っていて、どちらに行くかと悩んでいます。 色々なパターンがごちゃごちゃになって、今しっ散らかっている状態ですが、答えは

自分の思考を観察していると、正しいか間違いか、損か得か、そういった物差で物事を判断しているように思いました。正しく、得であれば良い決断で、間違っていて、損であれば悪い決断として結果を判断しているのだと思います。要は自分にとっての、正しくて得する決断に執着しているのだと思いました。きっと成長とは、この結果に執着しないことなのだと思います。言い換えるならば、自分の間違いも損も受け入れられるということで