top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

勇気と強さ、この二つをとしっかりと意識したい、そんなことを思いました。

色んな強さがあると思いますが、今思うのは、現実の自分を受け入れる強さ、そしてその自分で飛び込む勇気、そこを育てたい。


私の中にある様々なパターンは結局、思い通りの言動をしてもらいたいという甘えです。

昨日今日と、ダブル先生(カウンセリングの先生とピアノの先生)にできていない事をできていないと言われて、現実の自分をつきつけられ、飲み込めずに消化できずに甘えていたのはこちらの問題でした。先生方の役目は教えること、育てることです。現実の自分を受け止められる強さと、その自分で飛び込む勇気、それをしっかりと自分のものにしたいと思います。


パターンでいると甘えはもとより他人に執着してしまい、本来の目的を見失いがちです。

ピアノでいえば、クラシックという大きな曲を弾けるようになること、魂の学びでいえば、魂を進化成長させることです。そのためには在りたい自分を忘れずに、勇気と強さをしっかりと胸に抱くことが大切だと思いました。


いつまでも甘えてはいられない。

本当の大人になるために。

最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Comments


bottom of page