top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

自分のやりたいことがはっきりとしたとき、迷いがなくなる。

私にとってそれは、男性クライアントの力になること。


今思えば、私自身が一番辛かったときは、「仕事」でのことが大半でした。

誰にも理解してもらえず、誰にも助けてもらえず、誰にも支えてもらえず、一人で耐えながら歩いていました。

当時の心の叫びは、辛い、苦しい、辞めたい、逃げたい、どうしたらいいのかわからない。そう叫んで、心は泣いていました。


そんな痛みを自身で経験し、身に染みてわかるからこそ、力になりたいと、胸の奥の方から訴えてくるものがあります。


心底そう感じたとき、私は一切の迷いがなくなりました。





最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

2 Comments


yoko.m.iwasaki
Oct 04, 2019

今の自分自身に言われているように感じ、救われました。

君の抱えているその悩み、僕にはわかるよ。と言われているようでした。

悩みの領域の上の領域に身体ごとグイッと引き上げられているような感覚があります。

渡邊さん、どうもありがとう!

Like

erunmasako
Oct 04, 2019

渡邊さんの辛い経験から、自分の本当にやりたい事に出会えたんですね。やっぱり、辛い体験って、人を成長させるし、有り難いね。後にならないと分からない

Like
bottom of page