top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

最近ちょこちょこ出てくるパターンがあります。

それは、力とか、権力のある人に認められたいというもの。

そういった力、権力のある人の前にいるとどこか顔色を伺っている自分がいます。それはまるで、そういう力のある人に認められたり、大切にされたら、自分も同じ力をもった気になれるし、いい思い(得する)ができるかもしれないし、力、権力のある人に認められることは自分に価値があるということだ。だから、力や権力のある人に認められたい。そんな私の黒パターンです。


でも、よくよく思い返すとこのパターン、学生のことからあった気がします。

それは、クラスの力のあるグループに入りたい、今で言うスクールカーストの上位になりたい。

そうすれば自信になると思っていたし、自分に力があるのだとも思えたし、チヤホヤされるかもしれないと・・それほど、他の力や何かの力を借りてまで自分を支えようとしているのだと思いました。


そんなことを思い返すと、色々な経験の中でこのパターンは作られてきたのだと思います。


長い物に巻かれるとはきっと、社会ではよくある光景の一つかもしれませんが、やはり顔色を伺うとは気持ち的にもドギマギしますし、何よりも非常に不自然です。

自然であるとはきっとそのままの自分でよくて、誰に迎合するわけでもなく、ただただ自分でいいんだと思うのです。


もう誰かの力で自分を支えるのはやめよう。

もうそのままの自分でいいを選ぼう。


このあたりを強く選んでいこうと思いました。

最新記事

すべて表示

魅了されている・・

自己の執着の源を発見するに従って、私たちは自分自身に魅了されているという、極めて重要な驚くべき発見にいたります。 私、真実と主観性より これを読んだ時、自分のパターンそのままだと思いました。 すごいと思われたい、負けたくない、自分は正しい、自分の方が上、思い通りじゃなきゃ嫌だ、全て自分に魅了されている言動です。まるで世界が自分中心で回っているかのよう!現実はそうではないのにです。実際は負けることも

心のカラクリ

昨日は心のケア講座にご参加くださりありがとうございました。 講座では心のカラクリをお伝えしていますが、私が初めて心のカラクリを学んだ時のことを思い出しました。それは私が初めてカウンセリングを受けた日のことです。その時カウンセリングの先生から、丁寧に優しく図を書いてもらって習ったのを覚えています。そして暫く大事に大事にその紙を持っていました。きっとこれが自分を助けてくれる、救ってくれると何とはなしに

ただそこにあるものとして

パターンに対して、パターンはいけないもの、ダメなもの、利己的で不快なもの、自他に迷惑をかけるもの、以前はそんな風に捉えていました。だってパターンのせいで苦しい思いもするし、怒られるし、まだ自分はそんなことに囚われているのかと自分を責めてしまうし、自分のレベルの低さを思い知ってしまい、そんな自分が受け入れられないし嫌だったんです。 でもパターンって本当に子供で、彼らが求めているものは、愛されたいとい

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page